「固定と変動」- 新規お借入

全期間固定型住宅ローンのフラット35と変動金利を組み合わせることができる住宅ローンです。

楽天銀行ではフラット35、変動金利を組み合わせることができるパッケージ商品「固定と変動」をご用意しています。変動金利を組み合わせることでフラット35部分の金利を抑えることができます。

「固定と変動」の金利

現在

住宅ローン金利一覧はこちら

借入額のうち変動金利部分の借入額が10%、30%、50%の3パターンから選べます。

変動金利
15年~35年

%

固定金利(フラット35) 団信あり
15年~20年

%

21年~35年

%

保証料、繰上返済手数料 0
団体信用生命保険料 原則加入
融資事務手数料 お借入額の1.08%

月々の返済額はいくら?

住宅ローンシミュレーション

最短、翌日スピード回答!

事前審査お申込

朝9時-夜10時まで相談 ※年末年始以外、休日も

無料 オンライン相談窓口

もっと詳しくお知りになりたいかたはこちら

資料請求

「固定と変動」のポイント

POINT1

フラット35部分の金利を抑えることが可能!

住宅建設費または住宅購入価額に対するお借入額の占める割合が90%を超える場合、変動金利を組み合わせることで、フラット35のお借入額を押さえ、フラット35部分の金利を抑えることができます。

  • 金利の動向や組み合わせにより、期待されたメリットが受けられない場合があります。

フラット35の金利はこちら

POINT2

固定金利と変動金利の割合を選べる

借入額のうち、変動金利部分の借入額を10%、30%、50%の3パターンから選べます。

POINT3

手続もスムーズ

お申込、審査をフラット35と同時に行えるため、手続きもスムーズです。

POINT4

つなぎ融資がご利用可能

楽天銀行の住宅ローンなら、注文住宅等で必要となる土地先行取得資金、着工金、中間金を最大3回分割でご利用いただけるつなぎローンをご利用いただけます。

お手続きの流れを見る

ご注意ください

  • 金利は毎月見直します。お申込時ではなく、お借入時の金利が適用されます。
  • フラット35、フラット35S、「固定と変動」をご利用いただく際は、当該物件に抵当権の設定登記をさせていただきます。
    なお、抵当権設定登記は必ず楽天銀行住宅ローン指定の司法書士をご利用いただきます。
    また、登記に関わる費用が必要となります。
  • 団体信用生命保険の加入可否は、引受保険会社にて審査を行います。健康上の理由その他の事情で新機構団信にご加入されない場合でもフラット35はご利用いただけます。
  • 住宅ローンの審査結果によりお客さまのご希望に添えない場合があります。
  • お勤め先の在籍確認を電話等により行う場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 「固定と変動」のうちフラット35部分(固定金利部分)については、ご融資日当日に住宅金融支援機構に債権譲渡され、債権者は住宅金融支援機構となりますが、ご返済に関するお手続等は、引き続き楽天銀行が窓口となります。なお、「固定と変動」のうち変動金利部分については、債権譲渡されることなく、債権者は楽天銀行となります。
  • 「固定と変動」の変動金利部分の融資額には、楽天銀行と住宅金融支援機構の間で融資総額の取り決めがあり、年度の途中で申込を休止させていただく可能性があります。休止する場合は楽天銀行住宅ローンウェブサイトにてお知らせいたします。

月々の返済額はいくら?

住宅ローンシミュレーション

最短、翌日スピード回答!

事前審査お申込

朝9時-夜10時まで相談 ※年末年始以外、休日も

無料 オンライン相談窓口

もっと詳しくお知りになりたいかたはこちら

資料請求

金利一覧 フラット35 各種保険 ご相談・お問い合わせ ご返済中のかた

楽天銀行住宅ローン(金利選択型) 通称 【Type-R】 ご相談からお借入まで対面で! 「対面専用」住宅ローン新登場! 楽天銀行 × ARUHI 「新規お借入」「つなぎローン」「借り換え」すべてにご利用いただけます。