ホーム > セキュリティ > 機能や設定方法を調べる・探す(設定と対策)(一覧) > 認証強化設定 > ログイン制限


ログイン制限

パソコンからのログインについて、認証項目を追加して強化します。
モバイルバンキングのログインを制限するには、モバイルアクセス制限をご利用ください。

ログイン制限とは

取引画面へのログインをするたびに、通常のログインにワンタイム認証を必須にする設定です。
パソコンからの取引画面へのログイン・認証方法が、以下のように変わります。

未設定の場合

未設定の場合:ユーザID&ログインパスワードを入力し、お取引画面へ遷移します。

設定中の場合

設定中の場合:ユーザID&ログインパスワードを入力することでログイン制限の一時解除(ワンタイム認証)が行われ、その後お取引画面へ遷移します。設定中の場合:ユーザID&ログインパスワードを入力することでログイン制限の一時解除(ワンタイム認証)が行われ、その後お取引画面へ遷移します。設定中の場合:ユーザID&ログインパスワードを入力することでログイン制限の一時解除(ワンタイム認証)が行われ、その後お取引画面へ遷移します。

利用用途・目的

万一ユーザIDやログインパスワードが盗取された場合でも、ログイン制限を利用することでパソコンからの取引画面への認証が二重になるため、不正ログインの防止に役立ちます。
ワンタイムキーの送信先アドレスに、携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを利用することで、よりセキュリティが強化できます。

使用方法

パソコンの場合のみ利用できる機能です。
事前にログイン制限サービスに登録が必要です。
登録はパソコンから、設定解除はパソコンとモバイルサイトの両方からできます。

STEP1ユーザIDとログインパスワードでログインをします。

  • パソコンからの手続き

    ログイン画面で「ユーザーID」・「ログインパスワード」を入力して「ログイン」ボタンを押してください。
    ログイン制限一時解除の画面が表示されます。

    • ログイン制限中のみ表示されます。
  • モバイルサイトからの手続き

    楽天銀行TOPページから、「パソコンロック」を選択してください。

STEP2一時解除の設定をします。

  • パソコンからの手続き

    「ワンタイムキーの送信」ボタンを押してください。
    ワンタイムキーを表示されているメールアドレスに送信します。
    メールで届いたワンタイムキーを入力して「ワンタイムキーの設定」ボタンを押してください。

    これでログイン制限の一時解除が完了です。

  • モバイルサイトからの手続き

    パソコンロック画面にある「直ちに一時解除」を選択してください。
    取引画面にログインすることで一時解除できます。

    モバイルサイトから一時解除した後にパソコンからログインを行うと、ログイン制限一時解除の画面は表示されません。

ログイン制限の利用にはワンタイム認証の設定が完了していることが必要です。

ログイン制限中のワンタイム認証に関する注意事項

ログイン制限設定中にワンタイム認証に利用するメールアドレスを変更・破棄してワンタイムキーが受け取れなくなると、モバイルバンキングが利用できない場合にはログインできなくなります。
再度パソコンからログインするためには手続きが必要となってしまいます。

ワンタイムキーを確実に受け取るために、ログイン制限を設定する際には複数のメールアドレスをワンタイム認証に利用するメールアドレスに設定してください。
ドメイン指定受信などを利用される場合は、「pre_reg@ac.rakuten-bank.co.jp」「service@ac.rakuten-bank.co.jp」からのメールは受信できるようにしてください。


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • こんな「うまい話」にご用心!

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会