ホーム > セキュリティ > 機能や設定方法を調べる・探す(設定と対策)(一覧) > 認証強化設定 > 合言葉認証


合言葉認証

事前に設定した合言葉(問いと答えのセット)を補助的な認証に使うことで本人であることを確認する方法です。
(リスクベース追加認証とも呼ばれます。)

合言葉認証とは

取引画面にログイン時、お客さまの利用環境や利用状況など、楽天銀行のシステムが追加認証が必要であると判断した場合に表示されます。
あらかじめ設定しておいた質問が表示され、回答することでログインが完了します。

登録済みの合言葉のうち、1つもしくは、2つ表示されます。
画面に従い回答を入力してください。

利用用途・目的

ユーザIDやログインパスワードが第三者に盗まれるなど犯罪に巻き込まれた場合でも、合言葉認証により追加で口座利用者の確認できるため、なりすましによるログインを防止することができます。

使用方法

パソコンの場合のみ利用可能です。
合言葉(問いと答えのセット)は、お客さま自身で設定してください。
合言葉は一度に3つ設定してください。
取引画面へのログイン時に、毎回表示されるわけではありません。
お客さまの利用環境や状況から、楽天銀行が必要とした場合のみ自動的に表示されます。

合言葉の設定は、ログインする時の案内に沿って登録する方法と、ログイン後の「登録情報の変更」から設定する方法があります。

通常のログイン

  1. ログイン画面

  2. お取引画面(ログイン後画面)

合言葉認証がある場合のログイン(合言葉による認証方法)

追加認証が必要であると楽天銀行のシステムが判断した場合には、通常のユーザIDとログインパスワードによる認証後に合言葉認証の画面が表示されます。

  1. ログイン画面

  2. 合言葉認証画面※

  3. お取引画面(ログイン後画面)

※合言葉認証画面について

お客さまが登録した合言葉を問う質問がランダムで1つ、もしくは、2つ表示されます。
「合言葉」項目に質問の答えとなる合言葉を入力し、「次へ」ボタンを押してください。


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • こんな「うまい話」にご用心!

  • 商号:楽天銀行株式会社
  • 登録番号:登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会