ホーム > セキュリティ > 機能や設定方法を調べる・探す(設定と対策)(一覧) > 基本の認証機能 > 暗証番号


暗証番号

暗証番号は、ログイン後に取引を行う際、または、国内ATMを利用する際に必要なパスワードです。
暗証番号はお客さま自身で設定してください。

  • ログイン時に暗証番号を入力することはありません。

暗証番号とは

取引画面や国内ATMで振込など重要な取引を実行する際に必要なパスワードです。
楽天銀行の暗証番号は、4~12桁の半角数字です。
口座開設後、はじめてログインした際に初期設定として、お客さまによる登録が必要です。

  • 暗証番号を変更したい場合は、設定方法を確認してください。
  • 一度設定した暗証番号がわからなくなった場合は、再発行手続きをしてください。

利用用途・目的

暗証番号には2つの用途があります。

ウェブサイトでお取引をする場合

設定した4~12桁の半角数字すべて

暗証番号が必要なお取引例

  • 各種登録情報の変更
  • 振込
  • かんたん振込(メルマネ)
  • 楽天銀行かんたん決済プラスでのお支払
  • 定期預金中途解約
  • 各種セキュリティ設定の変更

国内ATMでお取引をする場合

暗証番号の頭4桁

【例】
番号が「123456789」の場合
⇒キャッシュカード暗証番号は「1234」です。

.