ホーム > セキュリティ > 機能や設定方法を調べる・探す(設定と対策)(一覧) > 基本の認証機能 > ログイン方法


ログイン

楽天銀行の口座を利用する場合にはログインが必要となります。ログインすると取引(取引画面の利用)やお客さま情報の変更などが行えます。

ログインとは

お客さまの口座残高の確認や登録情報の変更、各種サービスの申込、振込などの取引をする場合に必要です。
トップページやその他のページの右側にログインをするためのボタンがあります。

ログインは、お客さまのご利用環境などを総合的に判断し、ユーザIDとログインパスワード以外に合言葉認証を併用する場合があります。
また、ログイン後の取引には、暗証番号以外にワンタイム認証を併用するものがあります。

使用方法

楽天銀行のトップページ 別ウィンドウ表示で画面右上にある「ログイン」ボタンを押すと、ログイン画面が表示されます。
ログイン画面では、お客さまが設定した「ユーザID」と「ログインパスワード」を入力してください。

ログイン時に暗証番号を入力することはありません

はじめてログインする場合は

口座を開設いただいたお客さまは、口座を利用していただくために、初期設定としてログイン時にユーザIDやログインパスワードの登録が必要です。

ユーザIDやログインパスワードがわからない場合

  • 一度設定したユーザIDがわからなくなった場合は、ユーザIDの初期化 別ウィンドウ表示をしてください。
  • 一度設定したログインパスワードがわからなくなった場合は、ログインパスワードの再設定 別ウィンドウ表示をしてください。
  • 楽天銀行アプリのクイックログインや指紋認証でログインできる場合は、QRログイン 別ウィンドウ表示利用してパソコンでログインができます。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • こんな「うまい話」にご用心!