ホーム > セキュリティ > ケースで調べる セキュリティサービス ケーススタディー > ネットショッピングで安全に使うには


ネットショッピングで安全に使うには

平日は忙しいからお買い物はネットショッピングで済ますことも。空いた時間や休日はごろごろできて楽。会員登録をすれば、次回の入力の手間も省けて最近はいろんなサイトに会員登録しているけど・・・。

こんな人は要チェック

  • 買い物はもっぱらネットで。
  • 何気なくいろんなサイトで会員登録をしている人

普段の利用はこんな感じでは?

インターネットで買い物するときは、カード決済か銀行振込をよく使う。コンビニ支払いもあるけど、後から入金は不便だし、その場で決済したほうがすぐに届くから。
あと、ポイントが貯まるとか特典を紹介されるとついつい会員登録してしまう。どうせ、住所を入力する必要があるなら同じかなと思って。
でも最近では、いろいろなサイトに登録しすぎてIDやパスワードの管理も大変。届くメールの数も多くて全部確認しきれないな。

いろいろなサイトで利用するIDやパスワード忘れ防止に同じものを使っていませんか?

こんな危険が迫ってます!

他のサイトの情報漏えいが
不正ログインに直結!?

覚えるのが楽だからといろいろなサイトのユーザIDやログインパスワードをすべて同じものにしていませんか?最近では他のサイトで流出したIDやパスワードが、別のサイトでの不正ログインに利用される事例が発生しています。

気づかない間に不正利用で
貯金ゼロ!?

直近で「いつ・いくら・どこ」で使ったのかはだいたい記憶していても、知らない人が使っていることは履歴や通知でしか気づくことができません。履歴や案内の確認は溜め込まず、覚えのないものが含まれていないか確かめるようにしましょう。

楽天銀行でセキュリティ対策するならこの設定!

ユーザID

他人に推測され難いユーザIDになっていますか?

ログインパスワード

他のサイトと同じものを使っていませんか?

取引通知メール

入出金など取引のたびに送信されるメールをご存知ですか?


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • こんな「うまい話」にご用心!