セキュリティの不安、、、専門窓口に相談してみませんか? バンキングマルウェアサポート窓口

ウイルス感染等による犯罪被害の事例

ウイルス感染等により「個人情報の流出」や「不正出金」の被害に合うかも?!

フィッシング(個人情報の流出)

フィッシングとは、本物のサイトに似せて第三者が作成した偽サイトを使って、ユーザーID・ログインパスワード・暗証番号などの個人情報を詐取する犯罪です。
ユーザーID・ログインパスワード・暗証番号などの個人情報が詐取されると、不正出金の被害にあってしまう可能性もあります。

<当行を装った偽画面例>

当行を装った偽画面例

<偽画面の特徴>

  • 正式画面の上にかぶさってくる表示
  • 正式画面と酷似している
  • ユーザIDやログインパスワードに加えて、「暗証番号」を同時に入力させようとする

ご注意ください!

当行では、ログイン時にユーザーID、ログインパスワードの入力に加えて「暗証番号」の入力を求めることはありません。
このような画面が表示されても、絶対に暗証番号の入力を行わないよう、ご注意ください。

<当行を装った偽画面例>

当行を装った偽画面例

<偽画面の特徴>

  • ログインした直後等に「読み込んでいます。アカウントデータがロードされるまでしばらくお待ちください」などの文言が表示された偽画面が表示される
  • その後、暗証番号やワンタイムパスワードなどの認証情報の入力を促される。

当行を装った偽画面例

  • ログイン後、合言葉登録/変更画面へ自動的に遷移する
  • 正式画面の一部が削除、変更されている
  • MyAccountや振込など、ほかのサービスへ遷移するためのタブやリンクが表示されない
  • 「お客様が現在御利用する口座では、合言葉はシンプルで御座います故、お客様の口座安全及び個人情報を確保するためでは、合言葉を少々複雑に変更さらたほうが推薦します。」といった文章が表示される

ご注意ください!

当行では、ログイン中やログイン直後に「データ読み込み中」等の文言を表示することはありません。
また、合言葉や暗証番号の変更画面へ自動的に遷移することはありません。
このような画面が表示されても、絶対に暗証番号等のお客さま情報の入力を行わないよう、ご注意ください。

<通常のログイン後画面>

ウィルスにより表示された偽画面例

<偽画面例>

ウィルスにより表示された偽画面例

ご注意ください!

当行では、ログイン直後に「第二認証画面」を表示し、お客さまに暗証番号や生年月日、
ワンタイムキーや乱数表番号の入力を求めることはありません。
このような画面が表示されても、絶対に暗証番号等のお客さま情報の入力を行わないよう、ご注意ください。

対策

アドレスバーの表示を必ず確認する

楽天銀行のウェブサイトではアドレスバーを表示していますので、URLの最初が次のものであることをご確認ください。
「https://fes.rakuten-bank.co.jp」
「https://lfes.rakuten-bank.co.jp」
「https://money.rakuten-bank.co.jp」
「https://lt.rakuten-bank.co.jp」
「https://merumane.rakuten-bank.co.jp」
「https://sfes.rakuten-bank.co.jp」
楽天銀行ウェブサイトにアクセスしていることが確認できます。
また、楽天銀行ではフィッシング詐欺への対策として、日本ベリサイン株式会社のEV SSLサーバー証明書を採用しています。

ステータスバーの表示を必ず確認する

楽天銀行のウェブサイトではログイン画面からログアウトするまでステータスバーを表示しています。
ステータスバーにある鍵マークをクリックすると、お客さまがご覧になっているウェブサイトの証明書が表示されます。
証明書の情報の「発行先」が以下のものであることをご確認ください。
fes.rakuten-bank.co.jp
lfes.rakuten-bank.co.jp
money.rakuten-bank.co.jp
lt.rakuten-bank.co.jp
merumane.rakuten-bank.co.jp
sfes.rakuten-bank.co.jp
末尾が.ebank.co.jp であること

ブックマーク機能を利用する

楽天銀行ウェブサイト(https://www.rakuten-bank.co.jp/)を、ブックマーク(お気に入り)登録されることをお勧めいたします。楽天銀行へのログインは必ずブックマークから行うことで、偽ページにアクセスしてしまうことを防ぐことが期待できます。

その他の犯罪事例に関しては下記をご覧ください。

楽天銀行のセキュリティに関しては下記をご覧ください。

偽画面について注意喚起のお知らせを出しております。

バンキングマルウェアサポート窓口

「偽サイトが表示されている!」「ウイルスに感染しているかもしれない・・・」そんなときは専門窓口に相談してみよう!

バンキングマルウェアサポート窓口

バンキングマルウェアサポート窓口とは、トレンドマイクロ株式会社が運営するネットバンク向けのセキュリティ対策サービスです。
「ウイルスに感染して偽サイトが表示される」「ウイルスに感染しているかもしれない」等、お客さまが抱えるセキュリティへの不安を相談できる窓口となっております。こちらのサービスは無償でご利用いただけます。

ご相談の流れ

STEP1バンキングマルウェアサポート窓口へお電話

下記の問い合わせ先にて受付いたします。
「お客様の氏名」、「ご利用いただいている銀行名(楽天銀行)」、「ご相談内容」をお伺いいたします。

  • 電話番号:0570-783-623
  • 受付時間:9:30~17:30

STEP2担当員によるリモート(遠隔操作による)調査

受付後、リモートサポート担当員より折り返しのご連絡をいたします。
ご相談内容に応じて、担当員がリモート接続でお客さまのPC端末を調査し、調査結果については改めてメールでご案内いたします。

STEP3担当員によるリモート(遠隔操作による)駆除

調査の結果、ウイルス駆除が必要な場合には、担当員がリモート接続でお客さまのPC端末からウイルスの駆除対応を行います。

問い合わせ先

TRENDMICRO™

バンキングマルウェアサポート窓口サービスは、トレンドマイクロ株式会社の提供サービスです。
本サービスに関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

  • 電話番号:0570-783-623
  • 受付時間:9:30~17:30

ウイルス対策ソフト 「ウイルスバスター」

ウイルスの被害に合わないためにもウイルス対策ソフトを使おう!

トレンドマイクロ株式会社販売 「ウイルスバスター」

楽天市場でご購入いただくとダウンロード3年版の購入で保証期間が2か月無料延長! ※トレンドマイクロ公式ショップでご購入の場合、
 キャンペーン実施期間中は2か月無料延長!

トレンドマイクロ株式会社が販売しているウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」

今、ダウンロード3年版をご購入すると保証期間が2か月無料延長となります。ご購入は下記をご覧ください。