選ばれて1,000万口座

楽天銀行スーパーローン インターネットサービス利用規約

楽天銀行スーパーローン会員規約第1条に定める会員は、利用者の安全確保のために楽天銀行株式会社(以下「当行」といいます)が採用しているセキュリティ措置、本利用規約に示したID番号、パスワード等の不正使用などによるリスク発生の可能性および本利用規約の内容について理解したうえで以下の条項を承諾の上、同規約に基づく取引をインターネットによって行うサービスを利用いたします。

第1条 楽天銀行スーパーローン インターネットサービスの内容

  • 1. 楽天銀行スーパーローンインターネットサービス(以下「本サービス」といいます)とは、コンピュータ端末または携帯電話(PHSなどの無線情報通信を含みます。以下同じ)端末もしくは固定電話端末(以下あわせて「端末」といいます)をもちいて楽天銀行スーパーローン会員規約に基づく取引を行うサービスをいうものとします。
  • 2. 本サービスの利用に際して使用できるコンピュータ端末は、当行所定のブラウザソフト(インターネット上のWWW閲覧用のソフトウェア)を備えた端末に限ります。また、本サービスの利用に際して使用できる携帯電話端末または固定電話端末は、当行所定の端末に限ります。
  • 3. 当行が指定するアクセス元からは、お取引を制限させて頂く場合がありますので、あらかじめ了承ください。

第2条 ID番号とパスワード

  • 1. 会員が本サービスをご利用になるには、会員が設定するID番号とパスワードが必要になります。
  • 2. 会員は、端末から当行ウェブページ上にて本サービス利用申込時にID番号とパスワードを登録してください。この方法によって会員が当行に届け出たID番号とパスワードを本サービスにおけるID番号・パスワードとします。
  • 3. ID番号とパスワードは、ご自身で大切に保管ください。当行は、会員以外の方がID番号、パスワードを使用することを認めておりません。
  • 4. 機密保持のために、ID番号・パスワードは当行からご本人様にもお知らせすることができませんので、ご自身で必ず暗記してください。当行職員もID番号・パスワードをお尋ねすることはありません。
  • 5. 会員が当行宛てに届け出たパスワードと異なるパスワードを当行所定の回数以上連続して入力した場合は、当行は、会員に対する本サービスの提供を停止することがあります。会員が本サービスの利用を再開する場合は、当行所定の手続きによるものとします。
  • 6. 会員は、当行所定の手続きによりパスワードの変更を行うことができます。パスワードについては、セキュリティの確保のため、定期的に変更を行うことをおすすめします。
  • 7. パスワードを失念もしくは盗用された場合またはその可能性がある場合には、当行所定の手続により直ちに当行へ届け出るとともに、会員登録画面よりユーザーIDの再取得、パスワードの再設定を行ってください。
  • 8. パスワードの失念、紛失、盗難の届け出の前に生じた損害については、当行に故意または重過失が認められない限り、当行は責任を負いません。また、端末・電話等により連絡を受けた場合でも、当行における必要な手続きが完了する以前に生じた損害については、当行に故意または重過失が認められない限り、当行は責任を負いません。

第3条 利用の不承認および承認の取消

当行は、会員が以下のいずれかの項目に該当する場合、本サービスの利用を承認しないことがあります。

  • (1) 利用者が当行の会員でない場合
  • (2) 利用申込をした時点でカードご利用状況、お支払い状況等が不適当な場合
  • (3) 利用申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記または記入漏れがあった場合
  • (4) その他会員が利用することを不適当と当行が判断した場合

第4条 会員の指示に基づく当行の処理

  • 1. 当行は、会員の正しいID番号とパスワードにより確認したすべての指示にもとづいて、応答および処理を行ないます。
  • 2. 会員のID番号とパスワードにより確認され、当行によりなされたすべての処理は会員の指示によりなされたものとみなされます。

第5条 免責と補償

会員の指示に従った当行の本サービスの提供に際して当行に生じ、または当行が被ったいかなる結果、苦情、訴訟、損失に対して、会員は当行を免責し、補償するものとします。

第6条 当行の免責事項

当行は以下の理由またはそれに関連して会員が被ったいかなる損失または債務に対しても免責されるものとします。

  • (1) 会員が本サービスを利用して当行に指示を出し、それに従って当行が処理した場合
  • (2) 会員、またはその他の第三者によって、当行のシステムや会員の「ID番号」または「パスワード」が不適切、不正に使用された場合
  • (3) 送信または通信設備の遅延または障害による場合
  • (4) 当行のシステムにアクセスすること、またはそれに関連したことにより、会員の端末、関連設備、あるいは会員が所有または操作するその他のソフトウェアが損傷した場合
  • (5) 当行以外の第三者が当行名をかたり、会員のID番号、パスワードその他会員の固有情報につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があった場合

第7条 当行による本サービスの休止

  • 1. 当行は、システムの障害、補修の時間帯等について、予告なく本サービスの取り扱いを一時停止または中止することがあります。
  • 2. 当行は一方的な裁量をもって、事前に予告および理由を提示することなく、いつでも本サービス(全てまたは一部)を終了または修正する場合があります。

第8条 本規定の変更

当行は会員に事前に通知することなく本規定を変更できるものとし、当行ウェブページ上に掲示することにより会員に変更内容を告知するものとします。

第9条 準拠法・管轄

本規定の準拠法は日本法とします。本規定に関連して訴訟の必要が生じた場合には、当行の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。

第10条 規定の準用

本規定に定めのない事項については、楽天銀行スーパーローン会員規約の他、当行の他の規定、規則その他当行のウェブページへの掲示内容により取り扱います。