ホーム > ご利用規定 > クイックログインサービス利用規定


クイックログインサービス利用規定(2011年10月16日まで)

1.(クイックログインサービス)

クイックログインサービス(以下「本サービス」といいます。)とは、当行リモートバンキングを利用するに際してログイン手続きを行うにあたり、お客様が利用する携帯電話端末から送信される端末固有のID情報、または当行が別途定める携帯電話端末に格納された携帯電話端末を証明する為の電子証明書のID情報(以下、「UID」といいます。)が、お客様が予め当行に登録したUIDと一致しているかの確認をしたうえで、携帯電話端末によるログイン手続を簡略にするサービスです。お客様は、本サービスを利用する場合、本規定、楽天銀行口座取引規定、リモートバンキング規定に同意のうえ、本サービスの申込をすることが必要となります。

2.(UIDの登録等)

  • (1) UIDの登録
    お客様は、当行所定のウェブサイトにて、当行所定の手続に従って、UIDの登録を行うことができます。この際、本サービスに登録することのできるUIDは1種類のみとします。
  • (2) UIDの変更・登録解除
    お客様は、当行所定のウェブサイトにて、当行所定の手続に従って、いつにてもUIDの変更・登録の解除を行うことができます。
  • (3) クイックログイン利用時に取引可能なサービス
    お客様は、本サービスを利用して当行リモートバンキングサービスにログインした場合に、取引を行うことができるサービスを選択することができます。お客様は、かかる選択の対象となるサービスを本サービス申込時に当行所定の手続により登録するものとします。かかる選択の対象となるサービスは、当行所定のウェブサイトにて、当行所定の手続に従って、いつにても追加・削除することができます。
  • (4) 携帯電話端末等の紛失・盗難
    お客様は、携帯電話端末の紛失・盗難等があったときは、直ちに、当行所定のウェブサイトにて、当行所定の手続に従って、UIDの登録の解除を行うか、当行に本サービスの利用を停止する旨の連絡を行うものとします。

3.(クイックログインサービスを利用したログイン等)

  • (1) 本人確認手続
    本サービスにおける本人確認手続は、当行リモートバンキング規定に定めるログインパスワードによる本人確認において、お客様がログイン時に入力するログインパスワードを4桁とし、お客様がログイン時に入力したものとして当行が認識したログインパスワードとお客様が予め当行宛てに届け出ているログインパスワードの上4桁が一致することを確認することに加え、お客様がリモートバンキングサービスを利用する端末のUIDとお客様が予め当行に登録したUIDが一致することを確認することにより実施します。
  • (2) サービスの提供の停止
    当行は、お客様が本サービスを利用するためにログイン時に入力したものとして当行が認識したログインパスワードの上4桁が、当行所定の回数以上連続して異なっていた場合、お客様に対する本サービスの他、リモートバンキング及びテレホンバンキングの諸サービスの提供を停止します。お客様が本サービス及びリモートバンキングのサービスの利用を再開する場合は、当行所定の手続によるものとします。

4.(モバイルバンキング制限)

  • (1) お客様は、当行が別途定める所定の手続に従って、当行所定の申込手続を行い、本サービスを利用したモバイルバンキングの制限を申込むことができます。
  • (2) モバイルバンキングの制限は、コンピュータ端末・携帯電話端末のいずれからも申込できます。
  • (3) モバイルバンキング制限の変更・解除は、事由の如何に関わらず、お客様自身によって当行所定の手続に従って変更・解除を行うこととします。

5.(サービスの中止等)

  • (1) 当行は、当行ウェブページ上に一定期間告知することで、本サービスの提供を終了、または中止できるものとします。

6.(免責事項)

  • (1) 当行は、通信機器・回線及びコンピュータ等の障害並びに電話の不通等の通信手段の障害等、裁判所等公的機関の措置等、当行以外の金融機関の責に帰すべき事由、又は天災・火災・騒乱等の不可抗力によりお客様又はお客様の顧客に生じた損害については、何ら責任を負いません。
  • (2) 当行は、公衆電話回線、専用電話回線、インターネットその他の通信回線の通信経路において盗聴等がなされたことにより取引情報が漏洩し、又は改ざんされた場合、そのためにお客様又はお客様の顧客に生じた損害については、何ら責任を負いません。
  • (3) 当行は、お客様の当行への連絡の前後を問わず、携帯電話端末等の紛失・盗難等にともなう損害について、何ら責任を負いません。

7.(責任制限)

当行が本サービスの提供に関連してお客様が被った損害に対して責任を負う場合においても、当行は、逸失利益、拡大損害、間接損害その他特別事情に基づく損害については一切責任を負わないものとします。

8.(クイックログインサービスの利用期間・解約等)

  • (1) 本サービスが利用可能な期間には、4項に基づき当行が本サービスの提供を終了、または中止する場合を除き、制限はありません。
  • (2) お客様は、当行所定の手続に従ってUIDの登録を解除することで、いつにても本サービスの解約をすることができます。

9.(本規定の変更)

当行はお客様に事前に通知することなく本規定を変更できるものとし、書面、電子メール又は当行ウェブページ上でお客様に変更内容を通知するものとします。

10.(準拠法・管轄)

本規定の準拠法は日本法とします。本規定に関連して訴訟の必要が生じた場合には、当行の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。

11. (規定の準用)

本規定に定めのない事項については、当行の他の規程、規則その他当行ウェブページへの掲示内容により取り扱います。

2010年5月4日