ホーム > ご利用規定 > 楽天銀行マネーブリッジ利用規定


楽天銀行マネーブリッジ利用規定

1.(口座連携サービス「マネーブリッジ」)

  • (1) 本規定は、当行が楽天証券株式会社(以下「楽天証券」といいます。)とともにお客さまに提供する口座連携サービス「マネーブリッジ」(以下「本サービス」といいます。)に関するご契約内容について定めるものです。
  • (2) 本サービスとは、当行または楽天証券の所定のウェブページ上からの操作により提供する口座連携サービスをいい、1)らくらく入金、2)らくらく出金、3)残高表示サービス、4)投資あんしんサービス、5)自動入出金(スイープ)を含みます。
    • 1) 「らくらく入金」とは、お客さまが、楽天証券の所定のウェブページ上からの操作によりお客さま名義の当行普通預金口座から引き落とした資金を、楽天証券を収納機関として、お客さま名義の楽天証券の総合証券取引口座(以下「楽天証券口座」といいます。)へ即時に入金するサービスをいいます。
    • 2) 「らくらく出金」とは、お客さまが、楽天証券の所定のウェブページ上からの操作により、お客さま名義の楽天証券口座から、お客さま名義の当行普通預金口座へ、資金を振り替えるサービスをいいます。
    • 3) 「残高表示サービス」とは、お客さまにおいて、楽天証券の所定のウェブページ上からお客さま名義の当行普通預金口座の残高を確認することができるサービス、および当行所定のウェブページ上からお客さま名義の楽天証券資産残高を確認することができるサービスをいいます。
    • 4) 「投資あんしんサービス」とは、楽天証券に信用取引口座をお持ちのお客さまが楽天証券においてあらかじめ設定した利用条件に該当した場合に、お客さまに通知することなくお客さま名義の当行普通預金口座から必要な資金を引き落とし、楽天証券を収納機関として、お客さま名義の楽天証券口座へ自動的に入金するサービス等をいいます。
    • 5) 「自動入出金(スイープ)」とは、お客さまが、楽天証券の所定の取引において、お客さま名義の楽天証券口座にある預り金残高が買付け代金に満たない場合、不足分相当額をお客さま名義の当行普通預金口座からお客さま名義の楽天証券口座に自動的に振り替え、買付けを行うサービス(自動入金)、およびお客さま名義の楽天証券口座にある預り金を楽天証券所定の時間にお客さま名義の当行普通預金口座に自動的に振り替えるサービス(自動出金)をいいます。自動入出金(スイープ)の利用または解除は、当行もしくは楽天証券の所定のウェブページ上からお手続きをいただくものとします。また、自動入出金(スイープ)をご利用中のお客さまは、あらかじめ当行もしくは楽天証券のウェブページ上から任意の金額を設定することで、自動入金時または自動出金時に、それぞれお客さま名義の当行普通預金口座または楽天証券口座に当該任意の金額を留保することができます。

2.(本サービスの申込および開始)

  • (1) 本サービスは、当行普通預金口座および楽天証券口座をお持ちの20歳以上のお客さまがご利用いただけます。
  • (2) 本サービスは、お客さまが当行および楽天証券所定の方法によりお申し込みいただき、当行および楽天証券の各種規定等に同意した上で、当行および楽天証券の双方が承諾したときに開始されるものとします。
  • (3) 本サービス申込後、お客さまが当行または楽天証券のいずれかのご登録情報(氏名、住所等をいいます。)を変更されている場合や、お客さまの転居先不明等の理由により、当行普通預金口座もしくは楽天証券口座に対してお取引制限等の措置がなされている場合には、本サービスの全部または一部が提供されないことがあります。

3.(本サービスの解約、終了または中止)

  • (1) 本サービスは、以下の場合に解約されるものとします。
    • 1) お客さまが当行所定の方法により本サービスの解約の届出を行い、当行および楽天証券が承諾したとき。
    • 2) 当行またはお客さまが、本サービスの対象となるお客さま名義の当行普通預金口座を解約したとき。
    • 3) 楽天証券またはお客さまが、本サービスの対象となるお客さま名義の楽天証券口座を解約したとき。
    • 4) 当行または楽天証券が、本サービスの解除を申し出たとき。
    • 5) お客さまが本規定の改正に同意されないとき。
  • (2) 当行は、当行ウェブページ上に告知することにより、いつでも本サービスの提供を終了もしくは中止し、またはその内容を変更することができるものとします。

4.(本人確認)

  • (1) 「らくらく入金」「投資あんしんサービス」および「自動入出金(スイープ)」のご利用にあたっての本人確認その他の取扱いについては、当行の自動引落規定によるものとします。
  • (2) 「残高表示サービス」のご利用にあたっては、楽天証券から当行に対しお客さまの当行普通預金口座の残高の照会があった場合、お客さまに通知することなく楽天証券に対しその情報を開示することに同意するものとします。

5.(顧客情報の取扱)

当行は、本サービスの申込みおよび利用によって、当行および楽天証券が取得するお客さまの情報、および本サービスの利用実績その他のお客さまに関わる情報につき、別途規定する「プライバシーポリシー」および「マネーブリッジのご利用にあたってのご注意」に基づき、当行と楽天証券が共同利用することに同意するものとします。

6.(届出事項の変更)

住所、氏名、電子メールアドレス、電話番号等、当行および楽天証券に届け出ているお客さま情報に変更がある場合、所定の変更手続きが完了するまで、本サービスの全部または一部が提供されず、または本サービスの解約が制限される場合があります。なお、当行および楽天証券は、この届出を怠ったことにより生じた損害について、責任を負いません。

7.(免責事項)

  • (1) 通信手段の障害等次の各号の事由により本サービスの提供が遅延または不能となった場合、または当行が送信した口座情報に誤謬・脱漏等が生じた場合、そのために生じた損害について当行は責任を負いません。
    • 1) 当行または金融機関の共同システムの運営体等が相当の安全対策を講じたにもかかわらず端末機・通信回線またはコンピュータ等に障害が生じたとき
    • 2) 災害・事変、裁判所等公的機関の措置等のやむをえない事由が生じたとき
    • 3) 当行以外の第三者の責に帰すべき事由があったとき
  • (2) 通信経路における取引情報の漏洩等公衆電話回線、専用電話回線、インターネットその他の通信回線等の通信経路において盗聴等がなされたことによりお客さまの暗証番号、取引情報等が漏洩した場合、そのために生じた損害について当行は責任を負いません。
  • (3) 端末の不正使用等本サービスの提供にあたり、当行が当行の他の規定に定める本人確認手続を行ったうえで送信者をお客さまと認めて取り扱いを行った場合は、端末、暗証番号等並びにキーワードにつき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は責任を負いません。
  • (4) 当行名の不正使用当行以外の第三者が当行名を騙り、お客さまの支店番号、口座番号、暗証番号等その他お客さまの固有情報につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は責任を負いません。

8.(本規定の変更)

当行はお客さまに事前に通知することなく本規定を変更できるものとし、当行ウェブページ上に掲示することによりお客さまに変更内容を告知するものとします。

9.(準拠法・管轄)

本規定の準拠法は日本法とします。本規定に関連して訴訟の必要が生じた場合には、当行または楽天証券の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。

10.(規定の準用)

本規定に定めのない事項については、当行および楽天証券の他の規定、規則その他当行および楽天証券のウェブページへの掲示内容により取り扱います。

(2018年4月30日)