ホーム > プレスリリース > 2020年 > プレスリリース詳細


楽天銀行、「楽天クラッチ募金」にて令和2年7月豪雨被害支援募金の受付を開始

2020年7月8日

2020年7月に降り続いた大雨により、被災された皆さまおよびそのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

楽天銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:永井 啓之、以下 「楽天銀行」)は、このたびの豪雨により被害を受けられた方々を支援するため、楽天グループのインターネット募金「楽天クラッチ募金」として募金の受付を開始しましたのでお知らせします。

楽天銀行口座をお持ちのお客さまは、募金受付口座へ24時間いつでも募金をお振り込みいただくことが可能です。また、楽天銀行口座をお持ちでないお客さまも、募金受付口座へお振り込みいただくことで募金が可能です。皆さまからの温かいご支援をお願い申し上げます。

お振り込みいただいた募金は、地方自治体などを通じて被災された方々の支援に役立てられます。なお、今回の令和2年7月豪雨被害支援募金は、楽天銀行の募金受付口座への振り込みのほか、「楽天ポイント」及び「楽天カード」、VISA・Mastercardブランドの各種クレジットカードでも受付を実施しています。

  • 募金受付口座

    銀行名

    楽天銀行

    支店名

    本店

    支店番号

    101

    口座種別

    普通預金口座

    口座番号

    9001268

    口座名義

    楽天銀行株式会社 楽天クラッチ募金 令和2年7月九州大雨被害支援募金口*

    口座名義カナ

    ラクテンギンコウ(カ) ラクテンクラツチボキン レイワニネンシチガツキユウシユウオオアメヒガイシエンボキングチまたはクラツチボキンキユウシユウオオアメ

    • * 被害地域の拡大を受け、名称を「令和2年7月豪雨被害支援募金」に変更しています。

楽天銀行の口座をお持ちのお客さまは、楽天銀行のウェブサイト「令和2年7月豪雨被害支援募金について」ページ(URL:https://www.rakuten-bank.co.jp/company/contribution/200708/の「寄付する」ボタンより、振込手数料無料で寄付いただけます。

  • 楽天銀行以外の口座からのお振り込みは、各金融機関が設定する振込手数料がかかります。
  • 楽天銀行法人ビジネス口座・個人ビジネス口座から支店名、口座番号を入力してのお振込は手数料がかかります。詳しくは各手数料一覧ページでご確認ください。
  • クラッチ募金については、領収書の発行はいたしません。また、寄付金控除の対象にはなりません。

楽天銀行は、今後も楽天グループのサステナビリティ活動の一環として、インターネットを通じて多くのご支援を呼びかけ、ご支援を必要とされる方々にお役立ていただけるよう活動を進めてまいります。