ホーム > プレスリリース > 2019年 > プレスリリース詳細


「Global Finance World’s Best Consumer Digital Bank Awards」で「Country Winner」を5年連続受賞

2019年8月30日

日本における個人のお客さま向けインターネット銀行で最も優れていると評価

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下 「楽天銀行」)は、米金融専門誌グローバル・ファイナンス誌が主催する「Global Finance World’s Best Consumer Digital Bank Awards」において、その国の最も優れたデジタルバンクに贈られる「Country Winner」を5年連続で受賞しました。

「Global Finance World’s Best Consumer Digital Bank Awards」は、世界におけるインターネットバンキングサービスについて、グローバル・ファイナンス誌の編集者及びコンサルティング、テクノロジー、アウトソーシングのグローバル・リーダーであるインフォシス社が共同でビジネスモデルやイノベーションを評価し、優れた銀行を選出するものです。今年で20回目の開催となりました。

楽天銀行は本アワードにおいて、以下の点を特に高く評価され「Country Winner」を受賞しました。

  • 競合他社よりもはるかに以前から、Eコマースと決済の関係を熟知しており、お客さまがインターネット銀行に期待するものをよく理解していること
  • 楽天銀行の顧客ロイヤリティプログラムは、お客さまの生活に触れるさまざまな分野を網羅している楽天エコシステム(経済圏)を通じて、その他の楽天グループサービスとお客さまを強く結び付けていること
  • イノベーションに注力することで、お客さまにとって魅力的なサービスを生み出し続けていること

楽天銀行は、今後もお客さまに魅力的な商品・サービスの提供を行ってまいります。

楽天エコシステム(経済圏)について

楽天グループは、Eコマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、70を超えるサービスを展開し、世界13億以上のユーザーに利用されています。これら様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、他にはない独自の「楽天エコシステム」を形成しています。
「楽天エコシステム(経済圏)」の詳細についてはこちらをご覧ください。

グローバル・ファイナンス誌について

グローバル・ファイナンス誌(米国、ニューヨーク)は1987年に設立され、189カ国の多国籍企業や金融機関に勤務するCEO、CFO、財務部の責任者等に購読されております。また、グローバル・ファイナンスはウェブサイトを通じて、30年以上にわたり国際金融市場の分析や記事を提供しています。

(ご参考)
Global Financeのホームページ  
Global Financeのプレスリリース