ホーム > プレスリリース > 2019年 > プレスリリース詳細


新・楽天銀行FXアプリのバージョンアップを実施

2019年7月1日

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は本日7月1日、「新・楽天銀行FX(外国為替証拠金取引)」のスマートフォン向けアプリ「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」のバージョンアップを行いました。

今回のバージョンアップでは、お客さまによりスピーディーなFX取引を体感していただけるよう、為替レートの更新間隔を従来の1秒間隔から0.5秒間隔に改善したほか、注文画面にストリーミング注文やリーブオーダーなどの注文タブを追加することで※1、素早い発注操作が可能になりました。また、チャートやニュースなど最大5画面を自分の好みや必要な取引情報に合わせて組み合わせることができるマイページ機能を新たに追加したほか、テクニカル指標は最大4つまでの複数表示が可能となったことにより、今まで以上に効率的な情報収集とスムーズなFX取引を体験いただけます。

そのほか楽天銀行では、銀行業界では初めて※2FX取引を無料で体験できるアプリ「新・楽天銀行FXバーチャルトレード」を提供しています。本アプリは、実際のFX取引と同じ画面で構成されており、実際の為替レートがリアルタイムで配信される環境でFX取引を体験いただけます。また、FX取引を学習できるスタディ機能も搭載しているため、新たにFX取引を開始する初心者の方でも本アプリを通じて、より安心・安全にFX取引を体験いただけます。

  • ※1 お客さまによる追加設定は不要です。
  • ※2 楽天銀行調べ(2018年2月22日現在)

楽天銀行は、FX取引において最も主要な取引チャネルであるスマートフォンでのお取引環境をより快適なものにするべく、今後も更なる利便性向上に努めてまいります。

「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」の主なバージョンアップ内容

1. 為替レートの更新間隔を最短0.5秒に

これまで最短1秒だった為替レートの更新間隔がさらに短く、0.5秒間隔で更新できるようになりました。為替情報が2倍の速度で更新されるため、お取引機会を逃しません。

2. 注文画面に注文タブを追加

注文画面にストリーミング注文やリーブオーダーの注文タブを追加し、同画面でご選択できるようになりました。注文方法変更時に別画面へ移動することなく、よりスムーズにお取引ができます。

3. マイページ機能で自分好みのカスタマイズを

「マイページ」:為替レートやチャート、ニュースなど取引に必要な情報を、最大5画面まで自分好みにアレンジいただくことが可能となりました。必要な情報を効率的に取得できるため、お取引の幅が広がります。

4. チャート機能を大幅に向上

「リストチャート」:複数通貨ペアの為替レートと当日の4本値、チャートが同時に閲覧可能になりました。

テクニカル指標の複数表示が可能に:トレンド系、オシレーター系をそれぞれ2つまで、最大4つのテクニカル指標を同時に表示できるようになりました。

以 上