ホーム > プレスリリース > 2019年 > プレスリリース詳細


「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」、残高4,000億円突破のお知らせ

2019年3月5日

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は、「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」の残高が2019年2月末時点で4,000億円※1を突破したことをお知らせします。

「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」は、2013年11月に取扱開始して以来、ウェブサイトでお申込いただける手軽さや、魅力ある金利設定、一律324,000円(税込)の融資事務手数料※2などがご好評をいただいております。また、昨年8月からはお借入時に提供している長期8疾病※3就業不能保障付団体信用生命保険に替えて、保障内容がより充実した全疾病特約※4付団体信用生命保険の提供を開始しております。

そのほか、お客さまとお顔をあわせてのご相談窓口としてSkypeを利用したビデオ電話での住宅ローン相談会を行っています。年末年始を除く毎日夜10時まで相談可能です。

新登場 楽天銀行住宅ローン(金利選択型)病気やケガを保証する全疾病特約がついても 団信保険料0円 ※一部対象外となる疾病があります

  • ※1 「フラット35」、「フラット35S」、「固定と変動」および「つなぎローン」実行分を除く
  • ※2 銀行代理業者を通じて提供する「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」の融資事務手数料を除く
  • ※3 8疾病とは悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性膵炎、慢性腎臓病を指します。
  • ※4 全疾病特約とは「就業不能保障特約」の販売名称です。就業不能保障特約は、病気・ケガによる所定の就業不能状態を保障する特約です。ただし、精神障害、妊娠・分娩・産じょく等、一部保障の対象とならない病気等があります。

「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」およびSkypeでのオンライン住宅ローン相談の詳細については、以下をご確認下さい。

楽天銀行は、今後もお客さまに魅力的な商品・サービスの提供を行ってまいります。

以 上