ホーム > プレスリリース > 2019年 > プレスリリース詳細


「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」を提供開始

2019年2月26日

バーコード読み込みで口座から直接決済、クレジットカード登録やチャージ不要

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は、収納代行サービスを手掛ける株式会社電算システム(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長執行役員COO:田中靖哲、以下「電算システム」)と提携し、本日2月26日より「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」の提供を開始します。

「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」は、楽天銀行の個人口座をお持ちのお客さまが、楽天銀行アプリで払込票のバーコードを読み込み、楽天銀行口座からリアルタイムに引き落としすることで商品・サービスの代金や公金の支払いが完了する決済サービスです。口座から直接決済されるため、コンビニに払込票を持って行く必要がなく、クレジットカードの登録やチャージの必要もありません。さらに、お支払金額に関わらず、「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」での支払1件ごとに楽天スーパーポイントが10ポイント貯まります。

コンビニ払込票でも楽天スーパーポイントが貯まる 楽天銀行コンビニ支払サービス

<「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」のご利用方法>

「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」の詳細およびご利用可能企業一覧は以下のページでご確認ください。ご利用いただける企業は順次拡大していく予定です。

楽天銀行は、今後もお客さまに魅力的な商品・サービスの提供を行ってまいります。

以 上


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • 金額上限なし FX取引100万通貨ごとに現金100円プレゼント!