ホーム > プレスリリース > 2018年 > プレスリリース詳細


楽天銀行、インターネット銀行で初めて住宅ローン融資金額の上限を2億円に引き上げ

2018年2月1日

同時に楽天生命引受による団体信用生命保険の上限金額も2億円に引き上げ

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は本日より、銀行代理業者を通じてご提供、または提携不動産会社からご紹介する「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」の融資金額の上限を1億円から2億円に引き上げます(※1)。同時に、楽天生命保険株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:橋谷 有造、以下「楽天生命」)を引受保険会社とする団体信用生命保険(以下「団信」)の保険金額上限も、1億円から2億円に引き上げます。1億円超の団信付き住宅ローンのお取扱は国内のインターネット銀行としては初めて(※2)となります。これらの引き上げにより、1億円超の物件向け住宅ローンの新規借り入れや借り換えをご希望のお客さまのニーズにお応えできるようになります。

  • ※1 楽天銀行のウェブサイトを通じてご提供する「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」の融資金額上限の引き上げについては、準備ができ次第、実施する予定です。
  • ※2 楽天銀行調べ(2018年2月1日現在)

融資金額上限引き上げの背景

低金利が継続し住宅取得へ需要が依然として強い状況の下、東京都内を中心に1億円を超えるマンションの販売が増加しているおり、1億円超の住宅ローンのニーズが高まっています。
楽天銀行ではこのニーズにお応えするために融資金額上限の引き上げについて検討を開始し、このたび楽天生命が保険金額上限を2億円に引き上げることが可能となったこともあり、今回の融資金額上限の引き上げが実現しました。

融資金額上限引き上げの対象となる住宅ローン商品

  • 楽天銀行住宅ローン(金利選択型)
  • 楽天銀行住宅ローン(金利選択型)(通称:【Type-R】)※ アルヒ株式会社との提携専用商品
  • 楽天銀行LGBT住宅ローン ※ リクルート住まいカンパニー運営の全国の「スーモカウンター新築マンション」を通して新築マンションの購入などを予定される方向け限定商品
  • 銀行代理業者を通じてご提供、または提携不動産会社からご紹介するものが対象。

楽天銀行は、今後もお客さまに魅力的な商品・サービスの提供を行ってまいります。

以 上


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大