ホーム > プレスリリース > 2016年 > プレスリリース詳細


「新・楽天銀行FX」、人民元/円の取り扱いを新たに開始

2016年9月26日

アジアの主要通貨である人民元/円の通貨ペアのお取引が可能に

楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下 「楽天銀行」)は、9月26日(月)より、「新・楽天銀行FX」の新たな通貨ペアとして、人民元/円(CNH/JPY)の取り扱いを開始しました。

アジアの主要通貨のひとつである人民元には、香港市場を中心に中国本土外で取引される「オフショア人民元(CNH)」と、中国本土でのみ取引される「オンショア人民元(CNY)」があります。今回「新・楽天銀行FX」で新たに取り扱いを開始するのは、一般的に多く取引されている「オフショア人民元(CNH)」の対円通貨ペアになり、スプレッド3銭にて人民元/円をお取引いただけます。

サービス概要

取引通貨ペア 人民元/円(CNH/JPY)
スプレッド 3銭※(例外あり)
取引単位 1,000通貨
必要証拠金
(証拠金率)
  • レバレッジ25倍コース → 4.0%
  • レバレッジ10倍コース → 10.0%
  • レバレッジ5倍コース → 20.0%
  • レバレッジ2倍コース → 50.0%
手数料 無料

2014年4月のサービス開始よりご好評をいただいております「新・楽天銀行FX」は、人気のドル/円、ユーロ/円といった対円の通貨ペアもちろん、ユーロ/ドルや豪ドル/NZドルなどの外貨同士の通貨ペアまで幅広くお取引いただけます。「新・楽天銀行FX」でお取引いただける通貨ペアは、今回の人民元/円の取り扱い開始により、全部で24種類となります。

これにともない、「新・楽天銀行FX」の「契約締結前交付書面(店頭外国為替証拠金取引説明書)」を2016年9月24日に一部改訂しております。「新・楽天銀行FX」をお取引いただいているお客さまでご確認がお済みでない場合は、取引画面にログインされる際に改訂後の「契約締結前交付書面(店頭外国為替証拠金取引説明書)」の確認が必要となります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

「新・楽天銀行FX」は、お客さまの楽天銀行普通預金口座のユーザーIDとログインパスワードで、入出金からお取引までワンストップでスムーズに行えます。取引手数料、入出金手数料、口座開設手数料はすべて無料です。

また、「新・楽天銀行FX」は、お客さまの取引スタイルに合わせて選べる4つの取引チャネルをご用意しており、専用FX口座開設後は無料でご利用いただけます。

  • 「新・楽天銀行FX powered by MARKETSPEED」(インストール型:Windows向け)
  • 「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」(スマートフォン向け)
  • 「新・楽天銀行FX-WEB」(ブラウザ型:Mac、Windows向け)
  • 「新・楽天銀行FX-モバイルWEB」(携帯電話向け)

「新・楽天銀行FX」の詳細はこちらをご参照下さい。

  • 通常時は上記スプレッドでお取引いただいておりますが、早朝時や経済指標発表時等、市場の流動性によってスプレッドが広がる場合があります。また、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客さまの約定結果による実質的なスプレッドが広告表示の値と合致しない場合があります。

楽天銀行は、今後もお客さまにとって利便性の高い商品・サービスの提供を続けてまいります。



ページトップへ