ホーム > プレスリリース > 2015年 > プレスリリース詳細


楽天クラッチ募金、台風18号大雨被害支援の募金受付口座を開設

2015年9月14日

台風18号がもたらした大雨による被災者とそのご家族に対して、心からお見舞いを申し上げます。インターネット銀行の楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)は、今回の台風18号により深刻な被害がもたらされた被災者を支援するため、募金受付口座を楽天グループのインターネット募金「楽天クラッチ募金」として開設しましたのでお知らせします。

楽天銀行口座をお持ちのお客さまは、募金受付口座へ24時間いつでも募金をお振り込みいただくことが可能です。また、楽天銀行口座をお持ちでないお客さまも、募金受付口座へ直接募金をお振り込みいただけます。皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。

お振り込みいただいた募金は被災者支援のために、茨城県の設置する義捐金口座等に全額贈呈します。なお、募金の受付期間は、本日より2015年11月30日(月)までを予定しております。また、台風18号大雨被害支援に関する募金は、楽天銀行の募金受付口座への振り込みのほか、「楽天スーパーポイント」、クレジットカード「楽天カード」および電子マネー「楽天Edy」による受付も実施する予定です。

  • 今後の被害状況により、募金先が追加となる場合があります。

募金受付口座

銀行名 楽天銀行
支店名 本店
支店番号 101
口座種別 普通預金口座
口座番号 9000180
口座名義 楽天銀行株式会社 楽天クラッチ募金 台風18号大雨被害支援募金口
  • お客さまの楽天銀行口座からの寄付に振込手数料はかかりません。
  • 楽天銀行口座以外からのお振込は、各金融機関が設定する振込手数料がかかります。
  • クラッチ募金については、領収書の発行はいたしません。また、寄付金控除の対象にはなりません。

楽天銀行は、今後も楽天グループのCSR活動の一環として、インターネットを通じて多くのご支援を呼びかけ、募金を迅速に被災者に届けられるよう活動を進めてまいります。