ホーム > プレスリリース > 2014年 > プレスリリース詳細


「新・楽天銀行FX」サービス開始のお知らせ

2014年4月7日

魅力の低スプレッドを提供、ドル/円はスプレッド0.5銭

楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下 「楽天銀行」)は、本日4月7日より店頭外国為替証拠金取引「新・楽天銀行FX」のサービスを開始いたします。

低スプレッドを実現

「新・楽天銀行FX」は、インターネット専業銀行の中で最低水準のスプレッド(4月7日現在、自社調べ)を実現しました。たとえばドル/円の通貨ペアならスプレッド0.5銭にて取引を行うことが出来ます。

主なスプレッド例

通貨ペア ドル/円 豪ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル
スプレッド※ 0.5銭 1.2銭 1.1銭 0.9pips
  • 通常時は上記スプレッドでお取引が可能ですが、早朝時や経済指標発表時等、市場の流動性によってスプレッドが広がる場合があります。また、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客様の約定結果による実質的なスプレッドが広告表示の値と合致しない場合があります。

充実したトレーディングツール

お客さまの多様な取引ニーズにお応えするため、「新・楽天銀行FX」では、PC向けダウンロード型取引ツール「新・楽天銀行FX powered by MARKETSPEED」やスマートフォン向け取引ツールアプリ「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」、PC向けウェブブラウザを使用した「新・楽天銀行FX-WEB」、iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、Willcomに対応した携帯電話向け取引ツール「新・楽天銀行FX-モバイルWEB」を導入し、快適な取引環境をご用意しました。また全ての取引ツールが無料でご利用いただけます。

お取引画面(イメージ)

  • 「新・楽天銀行FX powered by MARKETSPEED」

  • 40種類のテクニカルチャート、9種類の描画機能、16種類の時間軸等を組み合わせ、お客様のスタイルに合わせたチャートを選択
  • 22通貨ペアに対応したプロ仕様のレートパネル
  • リアルタイムに更新される情報や、直近の値動きをティックチャートで比較できるレート一覧
  • 為替を中心とした経済ニュースを自由に閲覧可
  • 「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」

  • リアルタイムのチャートを見ながら、縦・横の両画面でASストリーミング注文がおこなえる「ASスピード発注」を搭載
  • 為替レートはもちろん、ニュース(グローバルインフォ配信)など、トレードに必要なマーケット情報を搭載
  • メニュー画面からの発注はもちろん、レート一覧、スワップ、チャート画面からの発注も可能
  • 外出先でも建玉サマリや注文状況などの情報を素早く確認可能

ワンストップでスムーズなお取引

「新・楽天銀行FX」は、お客様の楽天銀行普通預金口座のログインIDとパスワードで、ご入出金からお取引までワンストップでスムーズに行えます。また楽天銀行の普通預金口座をお持ちであれば、「新・楽天銀行FX」口座はお申し込み後即日開設可能※、すぐにお取引が開始できます。取引手数料、入出金手数料、口座開設料はすべて無料です。
(※口座の開設ができない場合がございます。予めご了承ください。)

「新・楽天銀行FX」の詳細についてはこちらをご参照下さい。

新・楽天銀行FX スタートキャンペーンのお知らせ

楽天銀行では「新・楽天銀行FX」の取引開始にあたり、4月7日(月)から5月31日(土)までの期間内に「新・楽天銀行FX」の口座を開設いただき、5月31日(土)午前5時55分までに1万通貨以上のお取引をされた方に、もれなく1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

詳細はこちらをご参照ください。

楽天銀行は今後もお客さまの利便性向上を目指し、さらなるサービスや機能の拡充を検討してまいります。