ホーム > プレスリリース > 2014年 > プレスリリース詳細


iPhone向け「楽天銀行アプリ」に外貨普通預金取引機能を追加

2014年1月15日

スマートフォンからのご利用が、さらに便利に!

楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下 「楽天銀行」)は、本日1月15日よりiPhone向け「楽天銀行アプリ」に外貨普通預金取引機能を追加いたしましたので、お知らせいたします。

これまで、Android向け「楽天銀行アプリ」には搭載されていた機能ですが、iPhone端末をご利用のお客さまにも「楽天銀行アプリ」の機能を通じて、より簡単で便利に外貨普通預金のお取引(預け入れ・払い戻し)が可能になりました。(外貨定期預金への預け入れには対応していません。)
楽天銀行で取り扱いをしている全8通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、英ポンド、南アフリカランド、メキシコペソ、中国人民元)に対応しており、円普通預金から外貨普通預金への入出金明細も確認する事ができます。

  • メキシコペソは現在新規預け入れを一時停止しております。

取引画面イメージ

「楽天銀行アプリ」はApp StoreおよびGoogle Playから無料でダウンロードできます。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • iPhone、iPad、iPod touch、iOS およびApp Store は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標または商標です。
  • Android、Google Play は米国およびその他の国々で登録されたGoogle Inc.の登録商標または商標です。

楽天銀行は今後もお客さまの利便性向上を目指し、さらなるサービスや機能の拡充を検討してまいります。