ホーム > プレスリリース > 2013年 > プレスリリース詳細


住宅ローンフラット35(借り換え)の融資事務手数料を引き下げ

2013年7月31日

楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下 「楽天銀行」)は、2013年8月1日より、借り換えを対象としたフラット35の融資事務手数料をお借入額の1.05%(税込)からお借入額の0.735%(税込)に変更いたします。

2012年8月より、住宅ローン借り換えキャンペーンとして、融資事務手数料の引き下げを行い、多くのお客さまにご利用いただきました。本キャンペーンは2013年7月31日を以って終了いたしますが、お客さまのご要望にお応えし、キャンペーン終了後も引き続き借り換えを対象としたフラット35の融資事務手数料をお借入額の0.735%(税込)でご提供いたします。(上記の融資事務手数料の適用には、ご返済口座を楽天銀行の口座に指定されることが条件になります。また、最低融資事務手数料は105,000円となります。)なお、ご返済口座を楽天銀行以外の口座に指定された場合の融資事務手数料は、従来通りお借入額の1.375%(税込)で変更ございません。

楽天銀行は、今後もお客さまに魅力のあるサービスの提供を続けてまいります。