ホーム > プレスリリース > 2013年 > プレスリリース詳細


『夏のボーナスキャンペーン』新型定期預金「楽天エクステ預金(フラット)」に特別金利適用

2013年6月5日

好金利が魅力の楽天エクステ預金(フラット)に、期間限定で特別金利を適用

インターネット専業銀行の楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下 「楽天銀行」)は、本日6月5日より夏のボーナスキャンペーンを実施いたします。

新型定期預金「楽天エクステ預金(フラット)」(期間延長型)特別金利キャンペーン概要

対象商品 満期特約定期預金「楽天エクステ預金(フラット)」(期間延長型)
実施期間 2013年6月5日(水)~2013年7月30日(火)
実施内容 対象の新型定期預金を上記期間内にお預入れいただいたお客さまに、以下の特別金利を適用いたします。
「楽天エクステ預金
(フラット)」
最短1年2年~10年に延長の場合
通常時キャンペーン時通常時キャンペーン時
0.80
税引後年0.63%
0.90
税引後年0.71%
0.80
税引後年0.63%
0.90
税引後年0.71%
  • 最低お預入金額は10万円、お預入単位は10万円です。
  • お預入期間:
    最短1年(2年~10年に延長になる可能性があります。)
    ただし、当行の判断により1年毎に延長する可能性があり、最長10年まで延長する可能性があります。

新型定期預金「楽天エクステ預金(フラット)」の特徴

  • 「楽天エクステ預金(フラット)」は、円定期預金に「預入期間延長に関する特約」が組込まれた満期特約定期預金です。特約に基づく「当行が任意に預入期間を延長することができる権利」は当行にのみ帰属します。この特約に基づく当行の決定によっては、預入期間が最長で約10年間となることがあります。したがって、この預金のお申込みの際には、必ず、最終満期日まで(約10 年間)は使う予定のない、余裕資金でお預入れください。これらの条件に対する対価が金利に反映されることで、当行の通常円定期預金に比べて高い金利を実現しています。
  • この預金は原則として中途解約ができません。

さらに、ハッピープログラムにエントリーしていれば、お預入で、利息に加えて0.06%~0.18%分の楽天スーパーポイントが獲得できます。

キャンペーン注意事項および商品注意事項

キャンペーン注意事項
  • 本キャンペーンは、予告なくその内容を変更することがございます。
  • 本キャンペーンは、お預け入れ総額が一定額に達した時点で、本キャンペーンを終了する場合がございます。
  • 楽天銀行が不正等と判断した場合は本キャンペーンの対象にはならない場合がございます。
楽天エクステ預金(フラット)の注意事項
  • 最低お預入金額は10万円、お預入単位は10万円です。
  • 新型定期預金の利息は単利計算です。
  • 2013年1月1日以降に受け取る利息には復興特別所得税が課され、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • この預金は預金保険の対象であり、当行にお預入れいただいている他の預金保険の対象となる預金等と合算して、元本1,000万円までと保険事故発生日までの利息が保護されます。ただし、この預金の利息等については、各預入期間について預入時における通常の円定期預金(この預金と同一の金額および預入期間1年)の当行ウェブサイトに掲示する金利までが預金保険の対象となり、それを超える部分は預金保険の対象外となります。
  • 中途解約は原則としてできません。当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合、解約費用が発生するため、結果的に大きく元本割れとなる可能性が非常に高くなります。その際は、お預入れいただいてからご解約までの経過利息についてもお受取りいただけません。必ず、余裕資金でのお申込をお願いいたします。
  • 当初預入期間:1年
  • ただし、当行が、満期延長判定日において延長特約を行使した場合、当初預入期間(1年間)が、1年ごとに延長されることとなり、預入期間が最長で10年まで延長される場合があります。満期の延長に関する決定権は当行にあります。
  • 元金の払戻方法は、償還日に自動的に解約となり、利息とともに預入元金はお客さまの当行の円普通預金口座に一括して入金するものとします。なお円普通預金へ入金後は、普通預金の利率が適用されます。
  • 利息は、各預入期間の翌日にそれぞれお客さまの当行の円貨普通預金口座へ入金することにより支払います。なお、この預金が解約され円貨普通預金へ入金された後は、円貨普通預金の利率が適用されます。
  • 市場環境等により予告なく金利の変更、またはお取扱の中止をすることがあります。
  • リスクの詳細については、楽天銀行ウェブサイトの商品個別ページと商品詳細説明書をよくご確認ください。

楽天銀行は、お客さまの資産運用ニーズの多様化・高度化に対応するため、さらなる預金商品の開発・改善に努めてまいります。