ホーム > プレスリリース > 2012年 > プレスリリース詳細


「楽天Edyアプリ」、銀行口座からのEdyチャージに対応

2012年10月31日

~日常のお買い物での電子マネー決済の利便性向上を目指す~

楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下 「楽天銀行」)と株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取:國部 毅、以下 「三井住友銀行」)、楽天Edy株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山田 善久、以下 「楽天Edy」)は、11月13日より順次、銀行口座から電子マネー「楽天Edy」のアプリ経由でEdyチャージができるサービスを開始します。

楽天Edyが提供している「楽天Edyアプリ」は、従来型の携帯電話およびAndroid(TM)を搭載したスマートフォンを対象としたアプリで、Edyの利用で楽天スーパーポイントが貯まるサービスなどを提供しています。

従来、銀行口座からのEdyチャージは、各金融機関が提供しているアプリ経由でのみ利用が可能でした。今回、楽天IDや事前登録したクレジットカードなどからのチャージに加え、お客さまが「楽天Edyアプリ」から銀行口座を選択し、携帯電話やスマートフォンへチャージできるようになります。また、これを機に、すでにクレジットカードで提供しているオートチャージ機能も、銀行口座でもご利用いただけるようになります(楽天銀行オートチャージ11月27日開始)。お客さまにとってはチャージの選択肢が増え、残高不足で買い物ができなくなる不満を解消できます。

楽天銀行と三井住友銀行では、楽天Edyアプリの操作と連動して銀行口座からチャージ金額の引落を即時に行う先進的な決済サービスを提供し、今回のサービス拡充を通じて銀行口座の利便性向上を図ります。

楽天Edyは、全国のスーパーやコンビニエンスストア、楽天市場などのECサイトの約35万ヵ所で利用できる電子マネーです。昨今、スマートフォンの台数が拡大するにつれ、楽天Edyのスマートフォンユーザーは2012年9月の前年同月比は約114%増加していることからも、本サービスを通じて楽天Edyのユーザーの利用頻度が高まることに期待しています。なお、楽天Edyは、今後も全国の銀行等での銀行口座チャージを拡大する予定です。

本サービスを記念して、楽天銀行の口座から初めて3,000円以上のチャージをされた方を対象に、楽天スーパーポイントを100ポイントプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

3社は、お客さまの利便性向上を目指し、さらなるサービスや機能の拡充を検討してまいります。

サービス概要

  • サービス
    「楽天Edyアプリ」経由で銀行口座からのEdyチャージ
  • サービス開始日
    Edyチャージ 2012年11月13日(火)、オートチャージ 2012年11月27日(火)
  • 楽天銀行・楽天Edy共同キャンペーン
    • 楽天銀行でEdyチャージをご利用いただくためには、楽天会員リンク登録が必要になります。
    • 本キャンペーンは、Edyアプリからのチャージが対象です。