ホーム > プレスリリース > 2012年 > プレスリリース詳細


楽天銀行口座から競輪のネットバンク投票サービス 「競輪ネットバンクサービス」の会員登録が簡単にできる、簡単申込サービスを開始

2012年4月25日

楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田 俊一、以下「楽天銀行」)は、競輪のネットバンク投票サービス「競輪ネットバンクサービス」の会員登録が楽天銀行口座から簡単にできる簡単申込サービスを、4月25日(水)より開始いたします

お客さまは楽天銀行口座にログイン後の画面内で、競輪ネットバンクサービスの会員登録について同意すると、お客さまの氏名や住所等の情報があらかじめ入力された状態で競輪ネットバンクサービスの申込画面が表示されます。通常の申込と比較して入力項目が少なくなるため、最短5分程度で簡単にお申込いただくことが可能になります。

競輪ネットバンクサービスは全国競輪場の全レースにパソコンや携帯電話等を通じて投票できるサービスです。お客さまは楽天銀行口座をお持ちであれば、インターネット上でネットバンク投票サービスの加入手続きが完了後、すぐに投票することができます。

楽天銀行はこれまで、証券取引やFX取引、キャッシングサービス、クレジットカード等の「提携サービス簡単申込」を導入してまいりました。今後も提携企業の拡大により、顧客利便性を高め、楽天銀行決済の利用を促進してまいります。

競輪ネットバンク投票サービスについて
https://www.rakuten-bank.co.jp/koueirace/keirin.html