ホーム > プレスリリース > 2012年 > プレスリリース詳細


楽天銀行10周年記念懸賞論文の受賞者の発表について

2012年1月31日

楽天銀行では、開業10周年を記念して懸賞論文を募集しておりましたが、この度、受賞論文が決定しましたので、お知らせいたします。
「インターネットを活用した新しい金融サービス」というテーマに対して、多数の応募があり、審査委員による厳正かつ公正な評価の結果、残念ながら一席の該当はなく、以下の二席3本、三席1本を、受賞することとなりました。

  • 二席(賞金50万円)3本
    • 下山 達人(神戸大学法科大学院)「地域通貨販売サービスについて」
    • 松井 利寿(社会福祉士・精神保健福祉士)「福祉分野におけるネットバンキング利用」
    • 浅野 孝志(会社員)「家計管理口座を進化させる」
  • 三席(賞金10万円)1本
    • 杉本奈津江(会社員)「ゲゼル理論を応用したゲゼルチケット発行」

なお、受賞者の方をお招きし、2012年3月中に授賞式を開催予定です。授賞式の模様は、当行ホームページにおいてお知らせをさせていただく予定です。

懸賞論文の企画の内容については以下のページを参照ください。