ホーム > プレスリリース > 2011年 > プレスリリース詳細


楽天銀行、統合ATMスイッチングサービスの接続を第二地銀42行にも拡大

2011年10月3日

口座確認業務の提携により、振込サービスがさらに便利に

インターネット専業銀行の楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:國重 惇史、以下 「楽天銀行」)は、統合ATMスイッチングサービスの接続先を拡大し、本日より口座確認業務の提携先として第二地方銀行を追加いたしました。これにより、楽天銀行口座からインターネットを通じて他行振込をする際、都市銀行や地方銀行などに加え第二地方銀行42行の口座名義も確認できるようになり、誤振込防止に役立ちます。

統合ATMスイッチングサービスは、都市銀行や地方銀行など、業態ごとのATM中継システムを統合して結ぶネットワークです。口座確認業務の開始により、楽天銀行口座から他金融機関への振込時、および他金融機関から楽天銀行口座への振込時に、振込先口座の有無確認ができるようになります。お客さまは、金融機関名・支店名・口座番号を入力すると、振込先の口座名義を確認できるため、口座名義の入力の手間を省くと共に入力ミスによる振込エラーを防止でき、振込サービスをより快適にご利用いただけます。

第二地方銀行との口座確認業務サービス内容

対象サービス 他行口座への振込サービス
サービスチャネル
  • 楽天銀行口座からの振込:インターネットに接続可能なパソコンおよび携帯電話
  • 対象金融機関からの振込:各金融機関が提供するインターネットバンキング、ATM
利用時間
月~金曜日 土・日曜日 祝日
8:00 - 21:00 9:00 - 17:00 9:00 - 17:00
  • ゴールデンウィークおよび年末年始の利用時間は楽天銀行ウェブサイトでご確認ください。
  • 上記利用時間外でも、従来通り「受取人口座名義」を入力して振込サービスをご利用いただくことが可能です。