イーバンク銀行、新たに6本の投資信託を取扱開始

2007年10月25日

投資信託のラインアップは合計245本に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下「イーバンク」)は、本日より新たに6本の投資信託の取り扱いを開始いたしました。これにより、イーバンクが取り扱う投資信託は合計245本に、そのうちお申込手数料が0円の投資信託は合計55本となります。お客さまは、イーバンクでのみ取り扱っている「イーバンク・ファンド・シリーズ」のご購入をはじめ、投資信託の検索や各種ランキング機能などが利用できる資産運用サイト「イーファンタジア」をご活用いただくことで、豊富なラインアップから商品をお選びいただけます。

イーバンクはお客さまの多様なニーズにお応えできるよう、投資信託以外にも定期預金や特約定期預金、外貨預金などの資産運用商品を提供しており、今後も商品内容の拡充を積極的に進めてまいります。

新規に取扱いを開始する投資信託 6本

正式名称 アジア製造業ファンド(3ヶ月決算型)
運用会社 ベアリング投信投資顧問
当ファンドの手数料等 申込手数料 100万円未満3.15%(税抜3%)
100万円以上500万円未満2.1%(税抜2%)
500万円以上1.05%(税抜1%)
信託財産留保額 信託財産留保額はありません
信託報酬 年率1.68%(税抜1.6%)
その他費用 監査費用:純資産総額に対し年率0.005%を乗じて得た金額(年間360万円を上限とします。ただし、年間60万円に満たない場合は、年間60万円を上限として別途決定します。)
その他費用:有価証券売買時の売買手数料、資産を外国で保管する場合の費用 等
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて株式など値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 株式の価格変動リスク
  • 流動性リスク
  • ビジネスリスク
  • 為替リスク
  • カントリーリスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
正式名称 DIAM資産形成ファンド(隔月決算型) 愛称:スマナビ
運用会社 興銀第一ライフ・アセットマネジメント
当ファンドの手数料等 申込手数料 2.625%(税抜2.5%)
信託財産留保額 0.2%(解約時)
信託報酬 年率1.491%(税抜1.42%)
その他費用 信託事務の処理に要する費用、監査報酬、有価証券などの売買にかかる手数料、外貨建資産の保管に要する費用などが信託財産から支払われます。なお、受託銀行の受託会社の立て替えた立替金の利息、借入金の利息がかかる場合は、当該費用が信託財産から支払われます。(その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。)
  • なお、上場投資信託は市場の需給により価格形成されるため、上場投資信託の費用は表示しておりません。
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて株式、債券、不動産投資信託証券など値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 株価変動リスク
  • 金利リスク
  • 不動産投資信託(リート)の価格変動リスク
  • カントリーリスク
  • 為替リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
正式名称 DIAM資産形成ファンド(1年決算型) 愛称:スマナビ
運用会社 興銀第一ライフ・アセットマネジメント
当ファンドの手数料等 申込手数料 2.625%(税抜2.5%)
信託財産留保額 0.2%(解約時)
信託報酬 年率1.491%(税抜1.42%)
その他費用 信託事務の処理に要する費用、監査報酬、有価証券などの売買にかかる手数料、外貨建資産の保管に要する費用などが信託財産から支払われます。なお、受託銀行の受託会社の立て替えた立替金の利息、借入金の利息がかかる場合は、当該費用が信託財産から支払われます。(その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。)
  • なお、上場投資信託は市場の需給により価格形成されるため、上場投資信託の費用は表示しておりません。
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて株式、債券、不動産投資信託証券など値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 株価変動リスク
  • 金利リスク
  • 不動産投資信託(リート)の価格変動リスク
  • カントリーリスク
  • 為替リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
正式名称 損保ジャパン DBLCIコモディティ6
運用会社 損保ジャパン・アセットマネジメント
当ファンドの手数料等 申込手数料 1.05%(税抜1%)
信託財産留保額 0.3%(解約時)
信託報酬 年率1.1025%(税抜1.05%)
その他費用 監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、外貨建資産に対する保管等に要する費用等。当該手数料などの合計額については保有期間などに応じて異なりますので、表示することができません。詳細については、投資信託説明書(交付目論見書)、運用報告書等をご確認ください。
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 市場リスク
  • 信用リスク
  • 金利変動リスク
  • 商品指数との連動性に関するリスク
  • 組入れユーロ円債の再投資リスク
  • 解約申込みに伴う基準価額の下落に関するリスク
  • コール・ローン等の相手先に関するリスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
正式名称 温暖化対策株式オープン
運用会社 国際投信投資顧問
当ファンドの手数料等 申込手数料 3.15%(税抜3%)
信託財産留保額 0.3%(解約時)
信託報酬 年率1.722%(税抜1.64%)
その他費用 監査費用:純資産総額に対して年率0.0105%(税抜0.0100%)
その他費用:有価証券等の売買および保管ならびに信託事務にかかる諸費用 等
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて株式など値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 株価変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 興国投資に係るカントリーリスク
  • ファミリーファンド方式による基準価額変動リスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
正式名称 世界サステナビリティ株式ファンド 愛称:環境博士
運用会社 T&Dアセットマネジメント
当ファンドの手数料等 申込手数料 1.05%(税抜1%)
信託財産留保額 0.2%(解約時)
信託報酬 実質的に年1.75%程度(税抜1.70%程度)
  • 内訳:当ファンドの信託報酬は年1.05%(税抜1.00%)、投資対象とする外国籍ファンドの信託報酬等は年0.70%程度
その他費用 投資者が当ファンド取得時に支払う所定の申込手数料、一部解約時に控除される信託財産留保額、当ファンドの投資信託財産から支弁する信託報酬および証券取引に伴う手数料、監査報酬(純資産総額に年0.0084%(税抜0.008%)を乗じて得た額)、有価証券売買時の売買委託手数料(税込)、投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。
当ファンドのリスク 当ファンドは投資信託証券への投資を通じて株式など値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)を実質的な投資対象としますので、基準価額が変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落によりこれを割り込むことがあります。
基準価額の主な変動要因は以下のとおりです。
  • 株式の価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク
  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 詳しくは当ファンドの目論見書をご覧ください。

イーバンク銀行について

商号等 イーバンク銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
加入協会 日本証券業協会、金融先物取引業協会

投資信託ご購入にあたっての注意点

  • 当行の投資信託のお取引は、20歳以上のお客さまにご利用いただけます。
  • 投資信託は預金等とは異なり、預金保険の対象ではありません。また当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の支払対象ではありません。
  • 投資信託は預金等とは異なり、元本保証および利回り保証のいずれもありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 投資信託はリスクを含む商品であり、その運用実績は、その信託財産に組み入れられた株式・債券などの価格変動、その発行者(あるいは保証会社)の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部機関の評価の変化その他の信用状況の変化等、金利・為替相場の変動など市場環境の変化などにより変動します。
  • 円建ての投資信託であっても外国の株式や公社債などを組入れ有価証券などとして投資を行う場合、為替変動の影響を受け投資元本を割り込むことがあります。
  • 運用による損益は、すべて投資信託をご購入のお客さまに帰属いたします。
  • 投資信託の募集・お申込み等のお取扱いは当行が、設定・運用は投資信託委託会社、投資顧問会社、管理会社等が、信託財産の管理等は信託銀行または信託会社が行います。
  • 投資信託のお申込み時にはお申込手数料、ならびに運用期間中は信託報酬等がかかります。なお、お申込手数料が無料の投資信託もございます。
  • 投資信託によっては、クローズド期間中のご解約ができないものや、解約可能日時があらかじめ制限されているもの、換金手数料等がかかるものなどがございます。
  • 本文は、当行の取り扱う投資信託について一般に公表するための発表文であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資信託をご購入の際は「目論見書」の内容をご確認の上、お客さまご自身でご判断ください。
  • 上記6ファンドの目論見書は、当行ウェブページ上に掲載いたします。