決済代行サービスのゼウスに、イーバンク銀行の決済機能を提供

2007年7月17日

入金確認と入金消し込み作業のアウトソーシングが可能に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下「イーバンク」)は、ECサイト事業者に対して決済代行サービスを提供する株式会社ゼウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:地引 一由、以下「ゼウス」)に、イーバンクデビット及びイーバンクジャストマッチを提供いたします。

イーバンクデビットは、お客さまがショッピングサイトでの商品購入時に、振込先名義や口座番号等を入力することなく、イーバンク口座からリアルタイムに支払える決済サービスです。またイーバンクジャストマッチは、商品代金の振込先として振込入金専用のイーバンクの口座番号を割当てるサービスです。他の金融機関から不正確な振込人名で振り込んだ場合でも、入金された口座番号から振込人の特定が可能になり、売掛金等の効率的な入金消し込み作業が可能になります。

ゼウスでは、これらの決済サービスを利用して、本日より「入金おまかせサービス」を開始いたします。インターネット上で商品やデジタルコンテンツを販売する同社の加盟店は、「入金おまかせサービス」の利用により、販売代金の入金確認から入金消し込み作業まで、全ての手続きをアウトソーシングできるようになります。

イーバンクは今後も、各企業への決済サービスの提供を続け、お客さまの利便性をさらに高めてまいります。