イーバンク銀行、携帯電話で請求書のバーコードを撮影し支払いができる新サービス、「写してペイ」を開始

2007年5月30日

第一弾として九州電力と提携し、電気料金の支払いに対応

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下「イーバンク」)は、提携会社の公共料金等の支払いにつき、請求書に印刷されたバーコードを携帯電話のカメラで撮影し、24時間簡単に支払いができる新サービス、「写してペイ」を6月1日より開始いたします。お客さまは「写してペイ」の専用iアプリを携帯電話から利用することで、提携会社の公共料金等の支払いのために金融機関やコンビニエンスストアの店頭へ行くことなく、いつでもイーバンク口座からの支払いが可能になります。

イーバンクではサービス開始にあたり、九州電力株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:松尾 新吾、以下「九州電力」)と提携いたしました。これにより、同社のお客さまは「写してペイ」を利用して手軽に電気料金を支払うことができるようになります。九州電力は、お客さまの利便性向上を図るため、携帯電話を利用した公共料金の支払い方法としては国内初のサービスである「写してペイ」を導入することとなりました。イーバンクは今後、各種公共料金等でのお支払いにご利用いただけるよう、順次サービスの拡大を進めてまいります。

ご利用のながれ

専用iアプリをダウンロード

携帯電話のカメラで請求書の
バーコードを撮影

バーコードを読み取り
イーバンク口座から支払い