イーバンク銀行の預金残高が、5,000億円を突破!

2007年4月27日

イーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、4月20日時点での預金残高※1が5,000億円を突破いたしました。先月には、インターネット専業銀行として初めて口座数※2が200万口座を突破しており、預金残高・口座数ともに順調に拡大を続けております。

イーバンクの預金残高推移

イーバンクは、普通預金・定期預金ともに高水準の預金金利を設定しており、24時間365日※3パソコンや携帯電話からお申し込みが可能です。普通預金と定期預金の合計で元本1,000万円までとその利息が保護される預金保険の対象※4となっています。

また2006年3月より、好金利が魅力の新型定期預金の取り扱いを開始しております。満期特約定期預金の「パーカッション10」「アコーディオン7」、および為替特約定期預金「ハイドン」「モーツァルト」を取り揃え、満期まで元本保証で安心してお預入れいただけます。(新型定期預金は原則として中途解約ができません。中途解約の場合、元本割れが生じる可能性があります。)

2006年12月に取り扱いを開始した外貨普通預金は、低水準の為替コストと市場実勢為替レートに連動した為替レートで取引できることが特長です。米ドル、ユーロ、豪ドルに加え、本年3月からは、新たにイギリスポンド、ニュージーランドドル、南アフリカランドを追加いたしました。
イーバンクは今後も、お客さまの資金運用ニーズにお応えできるよう預金商品の拡充を進めてまいります。

  • ※12007年4月20日時点の外貨普通預金残高については、当日の各通貨仲値による円換算額。
    なお、預金残高は単体ベース。
  • ※2解約件数を除く累計口座開設承認数。
  • ※3システムメンテナンス等を除く。
  • ※4外貨普通預金は預金保険の対象となりません。