イーバンク銀行、楽天カードの「口座振替契約web完結サービス」に対応

2007年1月30日

口座振替依頼書を返送することなく、インターネット上で口座振替契約が可能に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、楽天KC株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:関 榮一、以下楽天KC)と提携し、本日より同社が開始した「口座振替契約web完結サービス」に対応いたしました。

「口座振替契約web完結サービス」は、楽天KCが発行する楽天カード利用代金の口座振替契約をインターネット上で完結できるサービスです。従来は、インターネット上で楽天カードを申込む場合においても、お客さまは口座振替依頼書を返送する必要がありましたが、本サービスでは、申込みの際にイーバンクを振替口座として指定すると、インターネット上で口座振替契約が完了し、カード発行後の初回請求分から口座振替が可能となります。また本年2月下旬には、すでに発行されている楽天カードの口座振替変更手続きにも対応する予定です。

本サービスの流れ

  1. 「楽天市場」(http://www.rakuten.co.jp)または「楽天KC」(http://www.rakuten-kc.co.jp)のウェブサイトから、楽天カード入会申込みを行います。
  2. 「お支払口座」でイーバンクを指定して、「入力内容の確認」画面にて申込ボタンをクリックするとイーバンクのサイトへ遷移します。
  3. イーバンク口座のログインパスワード、暗証番号を入力し、実行ボタンをクリックして口座振替契約の申込みが完了します。