イーバンク銀行、Web of the Year 2006で5年連続の第1位を獲得

2006年12月15日

オンラインバンク部門のナンバーワン・ウェブサイトに

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、インターネット情報誌Yahoo! Internet Guide(ソフトバンク クリエイティブ株式会社発行)が主催する「Web of the Year 2006」において、オンラインバンク部門の第1位に選ばれました。

Web of the Yearは、インターネットユーザーの一般投票によって毎年のベストサイトを選ぶ年末恒例のイベントです。11回目を迎える今年は、5万票近い投票により、ウェブサイトのカテゴリごとに競う「部門賞」に加えて、「話題賞」「新人賞」「年間総合大賞」が選出されました。

お客さまのご支持により、イーバンクは5年連続で、ノミネートされたカテゴリ内において金融機関として第1位を獲得しております。受賞5回目となる今年の授賞式には、代表取締役社長の松尾泰一が出席し、お客さまやメディアの方々に向けて感謝の気持ちをお伝えいたしました。

Web of the Yearイーバンク受賞歴外部サイトへ移動します

2002年 「ビジネスと金融部門」第1位
2003年 「オンラインサービス部門」第2位(金融機関中ではトップ)
2004年 「マネー部門」第1位
2005年 「マネー部門」第1位
2006年 「オンラインバンク部門」第1位

イーバンクはこれまでも、手数料の安さや「メルマネ」等のユニークなサービス、豊富なラインアップの金融商品、セキュリティ等が高く評価され、Web of the Yearのほか多くの賞を受賞しております。

近日では、企業の個人情報取扱いを評価した「日本プライバシー白書2007 外部サイトへ移動します」(株式会社矢野経済研究所発行)において、銀行業でプライバシー・レーティング第1位を獲得し、「エクセレント・プライバシー」に認定されました。

イーバンクは今後も、180万口座(2006年11月末現在、解約件数を除く累計口座開設承認数)を超えるお客さまのニーズにお応えし、利便性の追求とセキュリティの向上に努めてまいります。