イーバンク銀行、独自ブランドの投資信託「イーバンク・ヘッジファンドe502」および「イーバンク・ヘッジファンドe503」の取扱いを開始

2006年12月14日

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、12月18日(月)より投資信託のラインアップを拡充し、独自ブランドの「イーバンク・ヘッジファンドe502」および「イーバンク・ヘッジファンドe503」の取扱いを開始いたします。

今回、取扱いを開始する独自ブランドの投資信託は、いずれも世界最大級の独立系ヘッジファンド・グループであるマン・インベストメンツが運用するファンド・オブ・ヘッジファンズの成果に連動する債券を組み入れており、また、住商キャピタルマネジメント(住友商事株式会社100%出資のアセットマネジメント会社)が為替リスクのヘッジを行うことが特徴です。

「イーバンク・ヘッジファンドe502」は中期的にみて相応のボラティリティを想定のうえ、実質的なキャピタルゲインの獲得を目指します。同ファンドの為替ヘッジは円安収益重視型です。また「イーバンク・ヘッジファンドe503」は、ボラティリティのレベルをコントロールしながら、実質的な中期成長性を目指します。同ファンドの為替ヘッジは円高ヘッジ重視型です。お客さまは、これまで一部の大口投資家や機関投資家向け商品であったヘッジファンドに、10万円から投資いただけます。

現金10万円が当たるキャンペーンを実施

イーバンクでは、イーバンク・ファンド・シリーズの投資信託を購入したお客さまを対象に、キャンペーンを実施いたします。

期間 2006年12月15日(金)15:00~2007年1月5日(金)15:00
(2006年12月29日(金)~2007年1月12日(金)約定分)
対象 キャンペーン期間中に、イーバンク・ファンド・シリーズの投資信託「イーバンク・ヘッジファンドe501」「イーバンク・ヘッジファンドe502」「イーバンク・ヘッジファンドe503」のいずれかを購入したお客さま。
特典 抽選で10名に、それぞれ10万円をプレゼント(総額100万円)

「イーバンク・ヘッジファンドe502」および「イーバンク・ヘッジファンドe503」の概要

  イーバンク・ヘッジファンドe502 イーバンク・ヘッジファンドe503
ファンドの形態 円建ケイマン籍オープンエンド契約型外国投資信託
税務上の分類 公募外国公社債投資信託
投資目的 中期的にみて、相応のボラティリティを想定のうえ、実質的なキャピタルゲインの獲得を目指します。 ボラティリティのレベルをコントロールしながら、実質的な中期成長性を目指します。
発行価額の総額 100億円を上限とします。
ファンド設定日 2006年11月20日
信託期間 2006年11月20日から2018年7月13日まで 2006年11月20日から2018年5月15日まで
募集期間 2006年12月18日から2007年12月17日原則、毎週金曜日(最終営業日)15:00締切
お申込手数料 2.1%(税抜2.0%)
お申込単位 募集期間申込単位:10万円以上1万円単位
取得申込価格 各注文締切後の最初のファンド評価日に計算される基準価額
分配方針 収益の分配は行いません。
ご換金単位 5万口以上1万口単位
ファンドの営業日 土曜日、日曜日、祝祭日以外の東京、香港の銀行および外国為替市場の営業日を言います。
ファンドの計算期間 毎年12月末日に終了する1年間 毎年3月末日に終了する1年間
管理報酬 純資産総額の年率1.92%程

投資信託ご購入にあたっての注意点

  • 当行の投資信託のお取引は、20歳以上のお客さまにご利用いただけます。
  • 投資信託は預金等とは異なり、元本保証および利回り保証のいずれもありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 投資信託はリスクを含む商品であり、その運用実績は、その信託財産に組み入れられた株式・債券などの価格変動、その発行者(あるいは保証会社)の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部機関の評価の変化その他の信用状況の変化等、金利・為替相場の変動など市場環境の変化などにより変動します。
  • 円建ての投資信託であっても外国の株式や公社債などを組入れ有価証券などとして投資を行う場合、為替変動の影響を受け投資元本を割り込むことがあります。
  • 運用による損益は、すべて投資信託をご購入のお客さまに帰属いたします。
  • 投資信託の募集・お申込み等のお取扱いは当行が、設定・運用は投資信託委託会社、投資顧問会社、管理会社等が、信託財産の管理等は信託銀行または信託会社が行います。
  • 投資信託のお申込み時にはお申込手数料、ならびに運用期間中は信託報酬等がかかります。
  • 投資信託によっては、クローズド期間中のご解約ができないものや、解約可能日時があらかじめ制限されているもの、換金手数料等がかかるものなどがございます。
  • 本文は、当行の取り扱う投資信託について一般に公表するための発表文であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資信託をご購入の際は「目論見書」の内容をご確認の上、お客さまご自身でご判断ください。
  • 上記ファンドの目論見書は、当行ウェブページ上に掲載いたします。