イーバンク銀行・三井物産・ライセンスオンラインオンライン口座利用者向け セキュリティサービスを開始

2006年11月27日

総合セキュリティソフトウェアを月額 490円(税込 514円)で提供

イーバンク銀行株式会社(代表取締役社長:松尾泰一、本社:東京都千代田区 以下 イーバンク銀行)、三井物産株式会社(代表取締役社長:槍田松瑩、本店:東京都千代田区 以下 三井物産)、 ライセンスオンライン株式会社 (代表取締役社長:網野孝、本社:東京都千代田区 以下 ライセンスオンライン)の3社が協業し、オンライン口座利用者向けセキュリティサービス 「イー・オンラインセキュリティ」を開始致します。

「イー・オンラインセキュリティ」は、月額課金型のオンラインセキュリティサービスで世界的に評価の高い株式会社シマンテックの「ノートン・インターネットセキュリティ」の最新版を、簡単な手続きでご利用いただけます。月額利用料金の支払いをイーバンク銀行口座から自動引き落としサービスを指定するだけで、お気軽に、かつ安全にセキュリティ対策を施すことが可能となり、ご利用のお客様はクレジットカード情報の入力や 昨今増加しているフィッシング詐欺の被害に憂慮することなく安心してセキュリティ対策を施すことができ、充実したインターネットライフを過ごすことができます。

「イー・オンラインセキュリティ」での3社の役割は、イーバンク銀行がイーバンク銀行口座をご利用中のお客様に決済サービスを提供し、三井物産が口座獲得の営業推進を行い、三井物産の100%子会社であるライセンスオンラインが、オンラインセキュリティーサービスを提供致します。3年後には、10万人の利用者を見込んでいます。 3社は、今後も連携を高め、スパイウェア対策ソフトやURLフィルタリングソフト等、セキュリティ対策ソフトウェアの取扱を強化し、イーバンク銀行を利用する全てのお客様に対して、快適にオンラインバンキングサービスをご利用頂けるサービスの提供に努めてまいります。

「イー・オンラインセキュリティ」概要

サービス開始日 2006年11月27日(月)
利用対象 イーバンク銀行口座をご利用中のお客様
月額利用料金 490円(税込 514円)
特長 世界規模で評価の高いセキュリティ対策ソフトウェアである株式会社シマンテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村裕之)の「ノートン・インターネットセキュリティ」を月額課金にて提供するサービス。本サービスを利用されている場合、毎年の更新手続きを気にすることなく、常に最新のウイルス定義ファイルをインストールすることが可能で、さまざまなネットワークの脅威への事前対策を実施できるようになります。

イーバンク銀行株式会社について

イーバンク銀行株式会社は、175万口座(2006年10月末現在、解約件数を除く累計口座開設承認数)を超える国内最大規模のインターネット専業銀行です。優位性のあるシステムを独自開発し、24時間365日、安全で利便性の高い決済サービスやお客様の運用ニーズに合った金融商品を提供しております。多くのお客様から支持を得ており、Web of the Year 2005「マネー部門1位」、アジアンバンカー誌「最優秀インターネット専業銀行賞」、ゴメス「オンライン専業銀行・支店ランキング総合1位」獲得など、高い評価をいただいています。

ライセンスオンラインについて

ライセンスオンライン株式会社は、ソフトウェアライセンスのオンライン販売に関連するサービスを、IT関連企業、オンライン販売者などを対象に、無料でECサイトのASP提供、コールセンター業務、営業マーケティング業務、受発注業務、代金回収までの全業務を一括代行提供するサービス事業を展開しています。また、ソフトウェアベンダーや流通会社のライセンス販売業務のアウトソーシングサービスの提供など、ソフトウェア販売にかかわる新しいビジネスモデルを提案しています。

三井物産株式会社

三井物産に関する詳細な情報は、下記三井物産Webサイトを通じて入手できます。

三井物産株式会社Webサイト http://www.mitsui.co.jp/
三井物産情報産業本部Webサイト http://www.epoch.mitsui.co.jp/