入金消し込み作業を効率化できる「イーバンクジャストマッチ」を提供開始

2006年9月7日

振込人ごとに専用口座を割り当て、売掛金等の回収管理を強化

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、企業が請求先ごとに専用の口座番号を振込先として割り当て、振込のあった口座番号から振込人を特定できる、「イーバンクジャストマッチ」を9月11日より開始いたします。

これにより、不正確な振込人名でも振込人の特定が可能になり、売掛金等の入金消し込み作業の効率化を図ることができるようになります。

「イーバンクジャストマッチ」の特長

  • 100口座以上100口座単位でお申込いただけます。
  • 登録済みのイーバンク口座とは異なる口座名義をご指定いただけます(別途、審査が必要)。
  • 発行する口座番号は全てチェックデジットを採用しており、誤入金を防止できます。
  • それぞれの口座に振り込まれた資金は、お客様のイーバンク口座に自動的に振り替えられます。
  • 入金照会画面以外にも、CSV形式やデータ伝送による情報取得に対応しています。

イーバンクでは収納代行企業や証券、FX(外国為替証拠金取引)、CX(商品先物)の入金口座、クレジットカードや消費者ローンの返済用口座としての利用を想定しており、すでに以下の企業への導入が決定しています。

導入企業 利用目的
GMOインターネット 法人顧客からの売掛金の回収
GMOネットカード 消費者ローンの返済用口座
FXCMジャパン 外国為替証拠金取引の入金口座
新日本通商 外国為替証拠金取引の入金口座

「イーバンクジャストマッチ」のサービスイメージ

従来のサービス:振込人名が不正確であったりすると、振込人の特定に時間がかかる! イーバンクジャストマッチ:口座番号から振込人を特定できる!