即時決済が可能なVISAデビット機能付きキャッシュカード「イーバンクマネーカード(仮称)」を提供

2006年8月2日

イーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、来年度のできるだけ早い時期に、ICチップを搭載したVISAデビット機能付きキャッシュカード「イーバンクマネーカード(仮称)」を、インターネット専業銀行として国内で初めて発行することを目指します。

イーバンクはインターネット上のウェブ決済の領域だけでなく、実店舗でも利用できるインターネットを経由しないリアル決済チャネルの構築を目指し、本年2月にVISAプリンシパルメンバーシップを取得いたしました。これにより、新たな決済サービスの第一弾として、VISA加盟店での支払いに利用できるカードの開発を目指して、世界最大※1のカードブランドであるビザ・インターナショナル(所在地:東京都千代田区、日本総支配人:ジェームス・J・オールヒューゼン)と提携いたしました。

「イーバンクマネーカード(仮称)」は、カード発行や顧客管理などのプロセシング業務をユーシーカード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山城 興英、以下UCカード)が受託し、一方、カード決済ネットワークは、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:浜口 友一、以下NTTデータ)のCAFIS※2を活用します。

1 「イーバンクマネーカード(仮称)」の特長

世界のVISA加盟店で利用可能

イーバンク口座保有者に対してカードを発行することで、イーバンクのお客様は世界2,700万店以上のVISA加盟店において、24時間いつでも「イーバンクマネーカード(仮称)」のVISAデビット機能を利用したお支払いが可能になります。普通預金残高の範囲内で支払われたVISAデビット利用代金は、お持ちのイーバンク口座から直ちに引き落とされるため、クレジットカードやローンなどの後払いよりも即時決済を好まれるお客様に最適です。また、従来のクレジットカードと異なり審査基準が緩和されるため、例えば未成年の口座保有者など、より多くの方々にご利用いただけます。

海外のATMから割安な手数料で出金可能

さらにこのカードを使って、世界165ヵ国にあるVISA/PLUSが提携する100万台近いATMから、通常のクレジットカードによるキャッシングよりも安い手数料で、現地の通貨を引き出せるようになります。海外旅行先で多額の現金を持ち歩くことなく、いつでも必要に応じて現金を引き出すことができ、安心してご利用いただけます。

2 基本スキームと各社の役割

イーバンクは、UCカードとビザ・インターナショナルが協力して提供するVISAデビットカード受託スキーム※3を、VISAデビット共通プラットフォーム※4で利用することにより、システム開発費用および開発期間を大幅に削減し「イーバンクマネーカード(仮称)」の発行を実現してまいります。

基本スキーム

イーバンクの口座保有者が国内外のVISA加盟店において「イーバンクマネーカード(仮称)」を利用すると、VISAデビット共通プラットフォームを経由してイーバンクに利用金額や口座情報等が送信され、利用金額がお客様のイーバンク口座から即時に引き落とされます。

カード利用時の決済処理のながれ

各社の役割

イーバンク銀行
来年度のできるだけ早期に、イーバンク口座を保有しているお客様に対して、「イーバンクマネーカード(仮称)」を発行する予定です。一般的なクラシックカードに加えて、ゴールドカードの発行やポイント制度の導入等も検討してまいります。
ビザ・インターナショナル
VISAの全てのプロダクトにおける、カード発行および加盟店業務等が可能な「VISAプリンシパルメンバー」のライセンスをイーバンクに付与しました。イーバンクの提供する、インターネット決済サービスの特性を活かした新商品の共同開発やプロモーション支援を実施します。
UCカード
これまでのクレジットカード業務の中で培ったノウハウを活用し、ビザ・インターナショナルならびにNTTデータと連携して、カードの発行業務や顧客データベース管理などのプロセシング業務全般を受託します。また、顧客サービス面においても、UCカードのノウハウを提供します。
NTTデータ
イーバンクとUCカード、加盟店の決済ネットワーク仲介など、インフラを提供します。NTTデータのカード決済総合ネットワーク「CAFIS」は、今後もクレジット決済や各デビット決済のインフラとして、利用者にとって利便性の高いサービスの提供を行なっていきます。
  • ※1 VISAは全世界のカード売り上げの60%以上のシェアを獲得しています。(2004年12月現在、ニールソンレポート等より)
  • ※2 「CAFIS®」は、株式会社NTTデータの登録商標です。
  • ※3 カード発行業務やカード購買データの仲介などのプロセシング業務。
  • ※4 カード決済電文のフォーマット変換やカード利用履歴を管理する通信インフラ。

関連する情報