日本赤十字社への寄付にイーバンク銀行が対応

2006年5月1日

ネット銀行初!24時間手数料無料で寄付が可能に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、日本赤十字社の活動資金に協力するための寄付金の支払い方法として、ネット銀行として初めて対応し、5月1日よりお客様のイーバンク口座から24時間いつでも手数料無料で寄付できるようにいたします。

イーバンクは2001年7月の開業以来、CSR(企業の社会的責任)の一環として、国内外で発生するテロや自然災害に対して義援金受付口座を開設し、募金の受付を続けてまいりました。皆様にご協力いただいた義援金は被災者支援のために活用されており、寄付金の総額は7,000万円を超えました。特に日本赤十字社を通じて贈呈させていただいた金額は5,500万円にのぼり、多くの被災者救済に役立てられております。

日本赤十字社への義援金贈呈実績

米国9・11テロ義援金 2,710,534円
新潟県中越地震義援金 37,010,672円
スマトラ島沖地震義援金 12,564,588円
米国ハリケーン被災者義援金 1,237,840円
パキスタン地震義援金 438,325円
比レイテ島地滑り義援金 1,723,231円
合計 55,685,190円

今後はお客様のイーバンク口座から直接、日本赤十字社へ寄付できるようになることに加え、万一、大規模な災害等が発生した場合は、別途、日本赤十字社が受け付ける義援金口座を開設してまいります。イーバンクが提供する先進的な決済インフラの特徴を活かして、義援金口座や各種支援団体の募金口座の開設を進め、お客様がいつでも手数料無料で社会貢献活動に参加できる環境を整えてまいります。

関連する情報