イーバンク銀行、「再振込サービス」をWeb上で提供開始

2006年1月30日

口座番号相違等で振込に失敗しても、Web上で簡単に再振込が可能

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、振込取引が完了しなかった場合の再振込処理をWeb上で簡単に操作できる「再振込サービス」を、1月29日(日)より提供開始いたしました。

再振込サービスを利用すると、口座番号相違等なんらかの事由で振込先の口座へ入金されなかった場合でも、資金がお客様のイーバンク口座に返金される前にWeb上で振込内容を修正して、再度振込ができます。振込不能の取引が発生すると、お客様の口座のメッセージボックスにメッセージが通知されるため、お客様は取引内容を確認後、その資金を口座に組戻すか再振込するかを選択することができます。

多くの金融機関では振込不能の取引が発生した場合、お客様への電話連絡の後、再振込の場合は、窓口で再度振込依頼書の提出が必要となります。Web画面上で全ての手続きを簡単に行える再振込サービスの開始により、イーバンク口座の利便性がさらに高まります。

再振込サービスの概要

  1. 対象口座
    総合振込サービスをご利用の「法人ビジネス口座」および「個人ビジネス口座」
  2. 再振込手数料(金額はすべて税込)
      他行向 イーバンク向
    法人ビジネス口座 250円 100円
    個人ビジネス口座 250円 50円
    • 組戻依頼をした場合、組戻手数料は一律630円です。
  3. (1) WEB-FB画面で総合振込取引のご依頼時、「再振込機能を利用する」を選択
    (2) 振込不能取引が発生すると、お客様の口座のメッセージボックスに通知
    (3) 振込不能取引を「振込管理」画面で確認
    (4) 「再振込」を選択

「振込管理画面」のイメージ