選ばれて1,000万口座

イーバンク銀行、au携帯電話向けにEZアプリ(BREW®)を提供開始

2005年10月17日

携帯電話のカメラでQRコードを撮影し、簡単に決済できる「写してペイ」など

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一、以下イーバンク)は、au携帯電話向けにEZアプリ(BREW®)※1を開発し、10月17日(月)より提供を開始いたします。請求書等に印刷されたQRコード※2を携帯電話のカメラで撮影し簡単に決済できる機能など、豊富なサービス内容のEZアプリ(BREW®)をお客様の携帯電話にダウンロードして、これまで以上に便利にモバイルバンキングをご利用いただくことができるようになります。EZアプリ(BREW®)のご利用手数料は一切無料です。※3

EZアプリ(BREW®)のサービス内容

1.携帯電話のカメラでQRコードを撮影して簡単に決済できる「写してペイ」

例えば、通信販売の請求書に印刷されたQRコードを、携帯電話のカメラ機能を利用して撮影することで、イーバンク口座から即時決済が可能です。昨今、EC市場においてもQRコードの利用が浸透してきているため、「写してペイ」を活用したショップ企業さまの大幅な収益拡大が見込まれます。

カメラ起動画面

支払内容入力画面

支払内容確認画面

2.スケジュール機能や残高推移グラフなど独自のサービスが満載の「イーバンクアプリ」

イーバンクが提供している主なサービスをアプリ上でもご利用いただけるほか、イーバンクアプリ独自のサービスを展開します(以下のサービス内容をご参照ください)。割安なネットワーク通信料金でイーバンクのサービスをご利用いただくことが可能です。

(対応機種:A1402S/A1402SⅡ/A1402SⅡ(カメラ無)/A1404S/A5501T/A5509T/A5502K/A5503SA/A5507SA/W21K/W31K/W31SA/W21S/W21T/PENCK/W21CA)

以下の機種につきましては、2005年10月中の提供開始を予定しております。
(A1403K/A5504T/A5506T/talby/W21SA/W22SA/Sweet/W22H/W21CAⅡ)

  • イーバンクの主なサービス
    (残高照会、入出金照会、メルマネ、支払う、入金する、出金する、電子メモ、ATM出金制限)
  • カレンダー画面によるスケジュール管理機能 【独自サービス】
  • 普通預金残高の目的別仮想分類 【独自サービス】
  • 普通預金の残高推移グラフ表示 【独自サービス】

3.より簡便に“おサイフケータイ®”へチャージ(入金)できる「Edyチャージアプリ」

本年1月に開始した、イーバンク口座からプリペイド型電子マネー“Edy”へのチャージ(入金)サービスが、より簡便にご利用いただけるようになります。これまでのようにEdy番号を入力することなく、携帯電話にダウンロードしたEdyチャージアプリを起動し金額等を入力するだけで、おサイフケータイ®へチャージすることができます。またEdyのチャージ履歴表示や残高照会も、Edyチャージアプリで可能になります。
(対応機種:W32H/W32S)

イーバンクでは本年5月より、NTTドコモの携帯電話向けに「イーバンクアプリ」と「Edyチャージアプリ」を提供しております。また8月には、モバイルバンキングサイトのリニューアル及び、お取引の際の通信内容を保護するSSL暗号化を実施いたしました。「写してペイ」については、読み取り可能なQR コードの仕様を東京三菱銀行の「ケータイアプリバンキングeペイメント決済」と共通化しており、各ショップ企業さまにおける効率的な決済手段のご提供を可能にしています。イーバンクは今後もモバイルバンキングサービスの拡充を進めてまいります。

  • ※1 au携帯電話向けソフトウェア。
  • ※2 QRコード(二次元コード)は、一方向だけに情報を持っているバーコードに対し、縦、横二方向に情報を持つことで、記録できる情報量を飛躍的に増加させたコードです。「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • ※3 「写してペイ」「イーバンクアプリ」「Edyチャージアプリ」のご利用に関するパケット通信料は、お客様のご負担となります。
  • 「Edy」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。