イーバンク銀行、世界的に急増する「フィッシング詐欺」への対策を拡充

2004年9月6日

ログイン時にキーワードによるサイト確認が可能に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一 以下、イーバンク)は、金融機関などを装った偽造サイトで不正に口座情報などを盗む「フィッシング詐欺」対策を9月12日(日)AM 7:00より拡充いたします。

イーバンクでは8月8日より携帯電話向けのフィッシング詐欺対策に有効な「 クイックログイン 」サービスを開始しておりますが、世界的にフィッシング詐欺が急増している状況を鑑み、個人・法人のお客様に安心してご利用いただけるよう、パソコン向けのフィッシング詐欺対策を開発いたしました。

ログイン画面に「アドレスバー」と「ステータスバー」を表示

正規のイーバンクサイトに接続していることを確認できるよう、ログイン画面のブラウザ上部に「アドレスバー」を表示します。また、証明機関によるサイトの証明書を確認できるよう、最下部に「ステータスバー」を表示します。

イーバンク独自の「キーワード」によるサイト確認

イーバンクサイトやショッピングサイトの購入画面からイーバンク口座にログインする際、キーワードを利用したログイン方法を選択します。ログインパスワードの最初の4桁を入力した時点で、お客様が 予め登録しておいたキーワード(全角10文字以内)が表示されます。このキーワードが正しければ、正規のイーバンクサイトであることが確認できます。

キーワードを利用したログイン方法

  • (1)

    ログイン画面で、キーワードを利用したログインを選択

  • (2)

    支店番号、口座番号を入力後、ログインパスワードの最初の4桁を入力

  • (3)

    表示されたキーワードが、お客様が登録済みのキーワードであることを確認し、ログインパスワードを全て入力

  • (4)

    お客様のイーバンク口座にログイン