ホーム > 女性活躍推進法一般事業主行動計画


楽天銀行株式会社 女性活躍推進法一般事業主行動計画

2016年4月1日

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2016年4月1日から2020年3月31日

2.当行の課題

課題1

当行においては、採用、継続勤務年数において男女の間で大きな差異はなく、また、会社全体で月間残業時間原則30時間以下、年間360時間以下の目標を掲げ、効率的な働き方、業務改善、残業時間削減に取り組んでおり、一定の成果をあげている。一方で、社員全体に占める女性社員の割合に照らすと、管理職に占める女性の割合は低い。

課題2

管理職に占める女性の割合が低い要因として、即戦力としての管理職の登用を人材紹介を含め外部からの採用によってきたケースが多く、労働市場において男性管理職の割合が高いため、男性管理職の採用が女性管理職の採用に比べ多いこと、一方で、当行内部で管理職を育成するプログラムや研修等、とりわけ女性管理職を育成するプログラムや研修等が不十分であることがあげられる。

課題3

管理職に占める女性の割合が低い要因として、女性社員の働き方への意識を会社全体として十分に把握していないこと、及び女性社員が管理職として働くことの意識醸成が十分にできていないことがあげられる。

3.目標

  • 採用した労働者に占める女性労働者の割合について20%以上を維持する
  • 男女の平均継続勤務年数の差異(女性÷男性)について70%以上を維持する
  • 管理職(リーダー以上)に占める女性の人数を2020年3月31日までに5名以上増やす
  • 銀行内部での管理職育成プログラムを整備する
  • 会社全体として、女性の活躍・管理職登用・育成が重要であるという問題意識を醸成し、啓発を行う
  • 女性が管理職として活躍するための前提となる職場環境・就労環境のさらなる改善のため、引き続き会社全体で残業時間の削減や年次有給休暇取得を促進する

4.取組内容と取組実施時期

取組1:以下の取組により、管理職育成プログラムを整備する

対策

2016年6月~ 女性社員を対象とする管理職や研修ニーズに対する意識調査実施
2016年8月~ 意識調査の結果を踏まえ、女性管理職育成を含めた管理職育成プログラム検討
2017年1月~ 管理職育成プログラム実施
2017年4月~ 上記を踏まえたさらなる施策の展開

取組2:以下の取組により、会社全体で女性の活躍・管理職登用・育成が重要であるという意識を醸成し、啓発を行う

対策

2016年6月~ 女性活躍推進法の趣旨の周知を含めた管理職研修プログラム検討
2016年6月~ 定期的に開催される会議等において管理職に占める女性の割合や人数を共有
2016年8月~ 定期的に開催される会議等において取組1の状況や成果を共有
2016年10月~ 管理職研修プログラム実施
2017年4月~ 上記を踏まえたさらなる施策の展開

取組3:以下の取組により残業時間の削減をより一層促進する

対策

2016年4月~ 週1回のノー残業デー及び年2回の全行定時退行励行週間を実施
2016年4月~ 年間の残業時間360時間以内を順守するため、月間の残業時間30時間超過者を管理職で共有
2016年4月~ 残業1ヶ月30時間超、3ヶ月90時間超の社員について管理職及び全社で共有
2016年4月~ シフト制勤務導入、時差出勤導入、年次有給休暇取得促進、振替休日取得促進により残業時間削減を促進
2016年4月~ 定期的に実施する情報共有のための会議等において残業状況を共有
2017年4月~ 残業時間削減のためさらなる施策の実施を検討

取組4:以下の取組により年次有給休暇取得をより一層促進する

対策

2016年4月~ 年次有給休暇取得につき1人あたり12日以上取得または取得率70%の目標を設定し、社内に告知
2016年4月~ 定期的に実施する情報共有のための会議等において年次有給休暇取得状況を共有
2017年4月~ 年次有給休暇取得促進のためさらなる施策の実施を検討

以上


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • 金額上限なし FX取引100万通貨ごとに現金100円プレゼント!