選ばれて1,100万口座

マイナンバーご提供時の確認書類

ご提供いただくマイナンバー(個人番号)確認書類と本人確認資料によって提供方法が異なりますので、下表にてご確認ください。

2015年12月31日以前よりFX・海外送金のお取引のあるお客さまは、マイナンバー(個人番号)確認書類の種類に関わらず、本人確認書類は不要です。

  • マイナンバーご提供時のご注意事項
    • 表面裏面のご提供をお願い致します。裏面に変更等の履歴がない場合でも撮影をお願い致します。
    • アプリと郵便では取扱できる確認書類が異なりますのでご注意ください。
    • 当行登録住所、マイナンバー確認書類記載住所、本人確認書類記載住所は一致している必要があります。

マイナンバーカード(個人番号カード)の場合

マイナンバーカード(個人番号カード)

アプリ
(合計2枚撮影)
郵送

マイナンバーカード(個人番号カード)原本(表面裏面2枚撮影)

マイナンバーカード(個人番号カード)コピー(表面裏面2枚送付)

マイナンバーカード(個人番号カード)以外の場合

提供方法に応じたマイナンバー(個人番号)確認書類と本人確認資料をお送りください。

アプリ

合計4枚撮影
マイナンバー(個人番号)確認書類 本人確認書類

通知カード原本(表面裏面2枚撮影)

いずれかの原本1点(表面裏面を撮影)

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳

【注意事項】

  • ①~⑦: 原本の撮影が必要です。
  • ➀②③:裏面に変更の履歴等の記載がない場合でも撮影してください。
  • ➀運転経歴証明書: 交付年月日が平成24年(2012年)4月1日以降のものに限ります。
  • ①運転免許証②③: 有効期間が明記されているものに限ります。
  • ④: 「顔写真入りのページ」「所持人記入欄」の撮影をお願いいたします。
    日本国政府発行のパスポートに限ります。氏名変更がある場合は、新氏名が記載された「追記」ページも必要です。
  • ⑤⑥⑦:「氏名・現住所・生年月日記載ページ」「発行元・発行印記載ページ」の撮影をお願いいたします。

郵送

マイナンバー(個人番号)確認書類 本人確認書類

いずれか1点

  • 通知カードコピー(表面裏面
  • 個人番号が記載されている住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書の原本
  • 下記書類の場合いずれか1点のコピー
    • 運転免許証、運転経歴証明書
    • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
    • 在留カード、特別永住者証明書
    • パスポート
    • 身体障害者手帳
    • 精神障害者保健福祉手帳
    • 療育手帳
  • 下記書類の場合いずれか2点のコピー
    • 各種健康保険被保険者証
    • 年金手帳
    • 印鑑証明書の原本
    • 児童扶養手当証書
    • 特別児童扶養手当証書
    • 戸籍の附票の写しの原本
    • 生活保護受給者証
    • 住民票の写し又は住民票記載事項証明書の原本
    • 母子健康手帳
    • 国税、地方税、社会保険料、公共料金領収書

【注意事項】

  • ⑧⑨⑩ 裏面に変更の履歴がある場合、裏面のコピーも必要です。
  • ⑧運転経歴証明書: 交付年月日が平成24年(2012年)4月1日以降のものに限ります。
  • ⑪: 日本国政府発行のパスポートに限ります。氏名変更がある場合は、新氏名が記載された「追記」ページのコピーも必要です。
  • ⑫⑬⑭:「氏名・現住所・生年月日記載ページ」「発行元・発行印記載ページ」のコピーが必要です。
  • ⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭: 有効期間が明記されているものに限ります。
  • ⑰⑳㉒: 楽天銀行が書類の提出を受けた日の前6か月以内に作成されたものに限ります。
  • ㉔: 領収日付の押印又は発行年月日の記載のあるもので、楽天銀行が書類の提出を受けた日の前6か月以内に作成されたもの、また、本人名義のものに限ります(コピー可)。
    • マイナンバー確認書類を「個人番号が記載されている住民票の写し」「住民票記載事項証明書の原本」とした場合は、これを除いた本人確認書類のご提供が必要です。
  • 被災者の方の本人確認書類について
    • (1) 「届出避難場所証明書」※コピー可(1点のみで手続き可能)
    • (2) 下記①+②の書類(計2点で手続き可能)
      • 罹災(被災)住所記載の罹災(被災)証明書 ※コピー可
      • (犯収法上認められている)現住所記載・本人名義の書類

        下記のいずれか一点 ※コピー可

        • 国税又は地方税の領収証書又は納税証明書(※発行から6ヶ月以内)
        • 所得税法に規定する社会保険料の領収証書(※発行から6ヶ月以内)
        • 公共料金の領収証書(※発行から3ヶ月以内)
        • 公官庁から発行され、又は発給された書類その他これに類するもので、顧客氏名及び住所の記載があるもの

対象サービスとマイナンバー(個人番号)のご提供方法等について

個人口座のお客さま

  マイナンバーの
ご提供が必要な
お取引
利用目的 ご提供方法 注意事項 楽天銀行への
お問い合わせ先(※)
1 海外送金
(ご送金・お受取り)
国外送金等取引に
関する法定書類作成事務のため
以下のいずれかの方法
・郵送
・アプリ
マイナンバーをご提供いただけないと、お取引できない場合があります。 0120-691-075
携帯電話・PHS等からは
0570-081-910(通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は
03-6832-2252(通話料有料)
2 FX
(外国為替証拠金取引)
金融商品取引に
関する法定書類作成事務のため
以下のいずれかの方法
・郵送
・アプリ
マイナンバーをご提供いただけないと、お取引できない場合があります。 0120-386-910
携帯電話・PHS等からは
0570-051-910(通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は
03-6832-2273(通話料有料)
3 上記お取引のないお客さま 預貯金口座付番に関する事務のため 以下のいずれかの方法
・郵送
・アプリ
- 音声ガイダンス7#をご選択ください
0120-776-910
携帯電話・PHS等からは
0570-064-924(通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は
03-6832-2255(通話料有料)

※1、2受付時間:月曜日~金曜日の9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除きます
※3受付時間:全日9:00~17:00

個人ビジネス口座(事業性個人)のお客さま

※個人口座取引で、楽天銀行にマイナンバーをご提供いただいている場合は不要です。

  マイナンバーの
ご提供が必要な
お取引
利用目的 ご提供方法 注意事項 楽天銀行への
お問い合わせ先(※)
1 海外送金 (ご送金・お受取り) 国外送金等取引に関する法定書類作成事務のため 以下のいずれかの方法
・郵送
・アプリ
マイナンバーをご提供いただけないと、お取引できない場合があります。 海外送金専用ダイヤル
0120-691-052
または
03-6832-2268(通話料有料)
2 上記お取引のないお客さま 預貯金口座付番に関する事務のため 以下のいずれかの方法
・郵送
・アプリ
-

メールで問い合わせる

※受付時間:月曜日~金曜日の9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除きます

マイナンバー(個人番号)の「通知カード」と「個人番号カード」について

1.「通知カード」とは

通知カードとは、市区町村からお客さまにマイナンバー(個人番号)を通知するものです。

通知カード イメージ (表面)(裏面)

通知カードは紙のカードで、「マイナンバー(個人番号)」のほか、「氏名」「住所」「生年月日」「性別」等が記載されています。

通知カードは顔写真は記載されておらず、本人確認書類として用いることはできません。
(番号確認のためのみに利用することができます。)

平成27年(2015年)10月中旬以降、お住まいの市区町村より住民票のご住所宛に郵送されます。

2.「マイナンバーカード(個人番号カード)」とは

マイナンバーカード(個人番号カード)は、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。

個人番号カード イメージ (表面)(裏面)

マイナンバーカード(個人番号カード)は、平成28年(2016年)1月以降、本人の申請により交付されるプラスチック製のICチップ付カードです。
おもて面には「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「本人の顔写真」等が記載されており、裏面に「マイナンバー(個人番号)」が記載されています。

マイナンバーカード(個人番号カード)は、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、電子証明書を利用した電子申請等、様々な行政サービスにもご利用いただけます。

マイナンバー制度についてのお問い合わせ

内閣府(内閣官房)に設置されております、コールセンターへお問い合わせください。

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178 (無料)

  • 「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。
  • 音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
  • 既存のナビダイヤルも継続して設置しております。こちらの音声案内でもフリーダイヤルを紹介しています。
  • 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~17:30 (年末年始12月29日~1月3日を除く)
  • 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
    • マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405
    • 「通知カード」「個人番号カード」に関すること 050-3818-1250
  • 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
    • マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
    • 「通知カード」「個人番号カード」に関すること 0120-0178-27

2017年12月28日現在

関係公的機関ウェブサイトリンク一覧