ホーム > お知らせ >2022年> お知らせ詳細


海外送金「受取国注意事項」の記載内容一部変更について

2022年5月18日

平素より楽天銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、送金時に必要な情報が一部変更となりましたのでお知らせいたします。
※すでに受取人登録をしている場合には、「受取人登録」タブより、該当受取人の必要情報の追加・変更をお願いいたします。なお、入力がない場合、入金が遅延する、資金が返却になる、追加手数料がかかる等の可能性があります。詳細につきましては、「受取国注意事項」よりご確認お願いいたします。

変更内容

ブラジル向けブラジル・レアル(BRL)建て送金

・ブラジル向けブラジル・レアル(BRL)建て送金につきましては、POPコード、3桁の受取銀行コード(Beneficiary Bank Code)、受取銀行支店コード(Beneficiary Branch Code)、受取人口座種別(Beneficiary Account Type)のご入力が必須となり、Routing Code(4桁のAgency Code) のご入力は不要となりました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「ブラジル」よりご確認ください。

インドネシア向け送金

・インドネシア向けのインドネシア・ルピア(IDR)建ての送金について、資金組戻しご希望の際の注意事項を追加しました。
また、インドネシア向けのインドネシア・ルピア(IDR)以外の通貨建て送金について、必要情報の入力例を変更しました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「インドネシア」よりご確認ください。

チュニジア向け送金

・チュニジア向け送金につきましては、IBANコードのご入力が不要となりました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「チュニジア」よりご確認ください。

中国向け人民元(CNY)建て送金

・中国向け人民元(CNY)建ての送金について、注意事項を追加しました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「中国」よりご確認ください。

取扱不可・条件付き取扱金融機関:

・お取り扱いできない、または条件付きでのお取り扱いとなる送金先金融機関について、一覧表を追加しました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」下部の表をご確認ください。