ホーム > お知らせ >2020年> お知らせ詳細


海外送金 「受取国注意事項」の記載内容一部変更について

2020年1月14日

海外送金 「受取国注意事項」の記載内容一部変更について

平素より楽天銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、送金時に必要な情報が一部変更となりましたのでお知らせいたします。
※すでに受取人登録をしている場合には、「受取人登録」タブより、該当受取人の必要情報の追加・変更をお願いいたします。なお、入力がない場合、入金が遅延する、資金が返却になる、追加手数料がかかる等の可能性があります。詳細につきましては、「受取国注意事項」よりご確認お願いいたします。

変更内容

中国向け中国元(CNY)建て送金

中国向け中国元(CNY)建てでの送金につきましては、必須情報としてご入力お願いしておりましたCNAPSコードに加え、POPコードのご入力が必須となりました。また、受取人の電話番号が必須である旨追記いたしました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「中国」よりご確認ください。

ヨルダン向けヨルダンディナール(JOD)建て送金

ヨルダン向けヨルダンディナール(JOD)建てでの送金につきましては、POPコードのご入力が必須となりました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「ヨルダン」よりご確認ください。

インド向けインドルピー(INR)建て送金

インド向けインドルピー(INR)建てでの送金につきましては、受取人さまとの関係を「受取人へのメッセージ」欄へご入力お願 いしておりましたが、この度、不要となりました。また、NGO団体への支払い、もしくは送金目的がDonation(Charityなどを含 む)の場合には、9桁のFCRA (Foreign Contribution Regulation Act) 番号が必要である旨追記いたしました。

詳細につきましては、「受取国注意事項」の受取国「インド」よりご確認ください。

Money Service Provider/ Money Service Business向け送金

送金業務や為替取引業務を取扱いしている、Money Service Provider/Money Service Business 業者向けの送金につきましては 、最終受取人名が必須となりました。

詳細につきましては、こちらをご確認ください。