ホーム > お知らせ >2011年> お知らせ詳細


フィッシング詐欺に関するご注意

2011年5月6日

お客さまのユーザID・ログインパスワード・暗証番号・口座番号・メールアドレスを盗もうとする不審なサイト(いわゆる「フィッシング詐欺」のサイト)にご留意下さい。

当行のログイン画面には、暗証番号・メールアドレスを入力するものはありません。

フィッシング詐欺にあわないために、ログイン時には下記をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。

  • ステータスバーの表示
    • アドレスバーと同様に、ログイン画面からログアウトするまでの画面下部にステータスバーを表示しています。
    • ステータスバー上の鍵マーク をダブルクリックすると、お客さまがご覧になっているウェブサイトの証明書が表示されます。証明書の情報の「発行先」がfes.rakuten-bank.co.jp または lfes.rakuten-bank.co.jp であるか、もしくは「発行先」の末尾が.rakuten-bank.co.jp であることをご確認ください。
    • 楽天銀行口座へのログイン時には、ユーザID、ログインパスワード等個人情報の入力前に、まずは、アドレスバーのURLと、ステータスバーの証明書をご確認ください
  • ベリサイン EV-SSL証明書

フィッシング詐欺への対策として日本ベリサイン株式会社のEV SSLサーバー証明書を導入し、サイトの正当性を容易に確認いただけます。

  • 1 アドレスバーが、緑色になります。
  • 2 URLの横に、ウェブサイトを運営する組織名(Rakuten BANK,Ltd.[JP])とSSLサーバー証明書を発行した認証局名(VeriSign)が交互に表示されますので、ウェブサイトの運営組織と証明書発行認証局が一目で確認できます。
  • 3 SSL暗号化通信を表す鍵のアイコンが表示されます。

  • 楽天銀行のログイン画面を開いた際に、EV SSL証明書を設定しているのにアドレスバーが白いままであったり、1 2 3 のいずれかが欠けている場合、さらにアドレスバーの色が黄色や赤色に変わった場合はフィッシングサイトのおそれがございます。
    そのような場合には、絶対に個人情報を入力しないでください
  • 詳しくは、「ベリサイン EV-SSL証明書(Extended Validation SSL)」をご参照ください。