ホーム > お知らせ >2011年> お知らせ詳細


つなぎローン約款の改訂について

2011年2月18日

平素は楽天銀行をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
楽天銀行住宅ローンのつなぎローンについて、つなぎローン約款を下記のとおり改訂いたします。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

■ 変更の趣旨

つなぎローンの資金使途毎に、必要となる書類を記載いたしました。
また、既につなぎローン商品詳細説明書に記載している期間延長時の融資事務手数料について約款に記載いたしました。

■ 変更箇所および変更内容
変更箇所および変更内容(新旧対比)

第1条(融資内容)

(中略)

4.乙は、甲において第4条各号の事由が一つでも生じた場合、または甲が乙所定の期限までに以下の各号に定める資金使途毎に、当該各号に定める必要書類を提出しない場合には、各借入金の交付を中止することができるものとします。

  • (1)土地代金:送金委託書
  • (2)建物着工金:設計検査に関する通知書(写し)及び送金委託書
  • (3)建物中間金:中間現場検査に関する通知書(写し)及び送金委託書

第1条(融資内容)

(中略)

4.乙は、甲において第4条各号の事由が一つでも生じた場合には、各借入金の交付を中止することができるものとします。

 

 

第8条(期限延長)
機構の「フラット20」もしくは「フラット35」が借入金の返済期日までに実行されないことが判明した場合は、甲は乙に対して期限延長を求めることができるものとします。乙は期限延長につき相応の理由があると認めた場合には、期限延長の期間に対応する期限延長実施時点の乙所定の利息および手数料(第3条第2項に定める融資保険用手数料を含む)の支払いを条件として期限延長に応じます。但し、乙および機構の審査の結果次第で期限延長に応じることができない場合があることを甲は予め承諾します。
第8条(期限延長)
機構の「フラット20」もしくは「フラット35」が借入金の返済期日までに実行されないことが判明した場合は、甲は乙に対して期限延長を求めることができるものとします。乙は期限延長につき相応の理由があると認めた場合には、期限延長の期間に対応する期限延長実施時点の乙所定の利息および機構所定の融資保険用手数料の支払いを条件として期限延長に応じます。但し、乙および機構の審査の結果次第で期限延長に応じることができない場合があることを甲は予め承諾します。