選ばれて900万口座

外貨預金 為替コストの変更に関するお知らせ

2008年4月18日

イーバンク銀行では、2008年5月19日より外貨普通預金の為替コストを下記の通り変更致しますので、お取引に際しましては十分ご注意頂けますようお願い申し上げます。

2008年5月19日より以下のように為替コストの変更を行います。

  変更前 変更後
アメリカドル 1アメリカドルあたり 10銭 1アメリカドルあたり 15銭
ユーロ 1ユーロあたり 10銭 1ユーロあたり 15銭
オーストラリアドル 1オーストラリアドルあたり 30銭 1オーストラリアドルあたり 45銭
イギリスポンド 1イギリスポンドあたり 20銭 1イギリスポンドあたり 45銭
ニュージーランドドル 1ニュージーランドドルあたり 30銭 1ニュージーランドドルあたり 45銭
南アフリカランド 1南アフリカランドあたり 10銭 1南アフリカランドあたり 20銭
  • ただし、2008年5月19日より2008年6月30日まではキャンペーン期間として、現在の為替コストを適用致します。

外貨預金のご注意・リスク

  • 外貨預金は預金保険の対象ではありません。元本の保証はありません。
  • 外貨預金は為替変動により、為替差損が生じ元本割れとなる可能性があります。
  • 円での預入れ・払戻しには 為替コストを含んだ当行所定の為替レートが適用されるため、為替相場の変動が無い場合でも元本割れとなる可能性があります。
  • 外貨定期預金への預入れおよび払戻時には、外貨普通預金との間での振替となるため、為替コストはかかりません。ただし、円貨普通預金から外貨普通預金への預入れおよび外貨普通預金から円貨普通預金への払戻しの際は、当行が取引可能な市場実勢為替レートを基準として、当行所定の為替コストをご負担いただきます。そのため、預入時と払戻時の為替レートに変動がない場合でも、往復の為替コストがかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • エマージング通貨である南アフリカランドのお取引は、当該国の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱、また規制の変更等によって、通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国通貨に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。
    従って、市場の流動性が極端に低下している場合には、既に預入していただいた南アフリカランド建て外貨預金の円貨への払戻取引に応じられない可能性があります。また、南アフリカ共和国の格付けが一定水準未満となる等、当行の外貨預金通貨として取扱いを継続するに相応しくないと当行が判断した場合には、新規預入を停止することがあります。以上のように、南アフリカランドのお取引にあたっては、先進国通貨に比べて相対的に大きなリスクがある点を充分ご理解の上、お取引のご判断をお願いいたします。
  • 当行の外貨預金のお取引は、20歳以上のお客さまにご利用いただけます。
  • 外貨定期預金の預入方法は当行の外貨普通預金から同通貨の外貨定期預金への振替入金とさせていただきます。
  • 外貨定期預金の払戻方法は満期日に利息とともに当該通貨の外貨普通預金への払戻しとさせていただきます。
  • 外貨定期預金の中途解約の際の利息は預入日から解約日の前日までの期間について、後記「中途解約利率」で計算し、元金・利息ともにお客さまの当行の外貨普通預金へ振替えます。中途解約をするときは以下の中途解約利率を、お預入日に遡って適用いたします。中途解約利率=約定利率×10%(小数点第3位以下は切り捨てます。)
  • お客さまの当行サイトへのアクセスが短時間に集中した場合には、一時的にアクセスが困難になるなどの事象が発生することがあるため、お客さまのご希望のタイミングでお取り引きいただけなくなる可能性があります。
  • 市場為替レートの大幅な変動時や、当行もしくはカバー取引先のシステムに不具合があった場合などは、取引が成立しない、または成立しにくくなる場合があります。また、取引が成立しにくい状況が継続する場合には、取扱時間内であっても当行の判断で取扱いを一時停止することがあります。外貨現金および外貨送金は取扱っておりません。
  • 金利は税引前であり、20%源泉分離課税となります。
  • 金利は、金利環境の変化等により予告なく変更されることがあります。

イーバンク銀行について

登録番号 登録金融機関関東財務局長(登金)第609号
加入協会 日本証券業協会、金融先物取引業協会