ホーム > 住宅ローン > 借り換えのかた > 住宅ローン借り換え×リフォーム

住宅ローン借り換え×リフォーム

住宅ローンをご返済中のかたなら!住宅ローンの借り換えができることをご存知ですか?

%~
(借入金利)

新築から数年、浴室・トイレ・洗面台・キッチンなど水回りに不具合はありませんか?
コロナ禍でテレワークスペースが欲しい!
自宅で快適に過ごすためのリフォームニーズも増えています。
住宅ローン返済中の今なら、借り換えと同時にリフォームや増改築資金の融資が可能です。
リフォーム資金を上乗せして借り換えるのが賢い選択なのかもしれません。

住宅ローン残高に、リフォーム資金を上乗せして借り換えが賢い選択

  • 住宅ローンの借り換えと同時なら、リフォーム資金を含めたお借入が可能です。
    今より低い金利に借り換えることで、お借入額に上乗せしても返済額は下がる可能性があります。
  借入額
(万円)
金利 残存期間 毎月の返済額
(円)
毎月の増減額
(円)
現在お借入の住宅ローン 2,700 1.50% 25年 107,982 -
借り換え案 A
※諸費用上乗せ
2,756 0.60% 25年 98,951 -9,031
借り換え案 B
※リフォーム資金
+諸費用上乗せ
2,956 0.60% 25年 106,132 -1,850
  • ここではリフォーム費用を200万円、住宅ローン借り換えにかかる諸費を56万円(融資事務手数料33万円、司法書士報酬10万円、登録免許税11万円、収入印紙代2万円)としています。
  • 記載例は元利均等返済・6ヶ月毎の増額返済無し・金利が期間中一定である場合。
  • 返済額は単純比較であり、実際の借り換え事例を示すものではありません。
  • 住宅ローンとして借入額に含めることで、リフォーム資金も同じ金利でお借入が可能!
楽天銀行の住宅ローン借入額にリフォーム資金を含めた場合、住宅ローンと同じ金利(低金利)で長期間のお借入ができます。
  • お申込は住宅ローン借り換えの書類に加えて、リフォーム業者からの見積書等をご提出いただければOK!

住宅ローン(金利選択型)商品詳細説明書

融資事務手数料が安い!

一律 330,000 円(税込)

例)お借入額が3,000万円のお借入額の場合

  融資事務手数料金額(税込)
楽天銀行 定額型 330,000円
A銀行 定額型
融資金額×2.20%
660,000円

33万円も楽天銀行が安い!

楽天銀行は定額型のため、お借入金額に関わらず金額が一定なので安い!
金利は将来的に増額返済等で返済期間を短くすれば支払額を減らすことができますが、
事務手数料は一度払うと戻りません。

ご注意ください

  • 住宅ローン(金利選択型)の場合に諸費用を上乗せしたお借入が可能です。フラット35は対象外となりますのでご注意ください。
  • 住宅ローン(金利選択型)のお申込時に、リフォーム会社からのお見積書等が必要となります。詳細はこちら
  • 中古物件等で新規購入時の取得資金と合わせて、購入後にリフォームを行う場合のリフォーム資金は融資対象外となりますのでご注意ください。

お手続きの流れ

お手続きの流れ・必要書類の詳細はこちら

最短で26日程度
変動金利(固定特約付き)は、最短で20日程度でお手続き
変動金利(固定特約付き)は、最短で20日程度でお手続き
  • 事前審査の回答は、最短翌日回答となります。
  • 上記期間は目安です。お客さまの状況、現在のお借入先でのお手続きに要する日数等により異なります。

Zoom、Skype(ビデオ通話)で住宅ローンのお問い合わせも可能!

興味はあるけど何から始めたら…そんな方にも安心!ご自宅で、ご都合のよい時間に住宅ローン相談が可能です!
毎日夜21時までのご予約受付中!(年末年始を除く朝9時から夜21時まで予約可能)

対面ご希望のかた(予約制)
予約受付はこちら
Zoom・Skype使用方法
予約可能時間:毎日9:00-21:00
※年末年始を除く。
対面通話を希望されないかたは対面通話「拒否」設定が可能です。
お電話のかた
フリーダイヤル 0120-456-225 (無料)
営業時間:9:00-17:00
※年末年始を除く。
携帯電話もフリーダイヤルをご利用いただけます。

住宅ローン(金利選択型)商品詳細説明書

[PR]お客さまのニーズに合わせてセレクト!そのほかの楽天銀行のローン

らくらく楽天リフォーム
らくらく楽天リフォーム
[決まった期間で返済したい方向け]
融資最大1億円未満!「不動産担保ローン」
楽天銀行カードローン
[繰り返し利用したい方向け]
融資額最大800万円!「カードローン」
  • 不動産担保ローン、カードローンは住宅ローンとは異なります。
  • 不動産担保ローン、カードローンは原則、資金使途自由の商品です。ただし、事業資金、楽天銀行の貸付商品の借り換えにはご利用いただけません。