ホーム > 住宅ローン > 住宅ローンのピックアップFAQ > 転勤する場合、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除、住宅ローン減税ともいう)はどうなりますか?引き続き受けられる条件はありますか?


住宅ローンのピックアップFAQ

転勤する場合、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除、住宅ローン減税ともいう)はどうなりますか?引き続き受けられる条件はありますか?

住宅ローン控除の適用を受けるための要件の一つとして、「居住者が、住宅ローン等を利用して居住用家屋の新築若しくは取得又は増改築等(以下「住宅の取得等」といいます。)をした日から6か月以内にその者の居住の用に供し、かつ、その年の12月31日まで引き続きその者の居住の用に供していることが必要」とされています。

しかし、家屋の所有者が、転勤等の「やむを得ない事情」により、その住宅に住み続けることが出来ない場合もあります。
このような場合は、次のとおり、一定の要件を満たす場合に限り、住宅ローン控除の適用を受けることができます。

  1. 単身赴任の場合
    住宅ローン減税を受けている途中で転勤となった場合、単身赴任の場合であれば(=家族が残っている) これまで通り住宅ローン控除は受けられます。所有者の住民票を転勤先へ異動しても全く問題はありません。
  2. 二世帯同居の場合に夫婦で転勤する場合
    二世帯同居の場合で、夫婦で転勤する場合に、親家族(もしくは子家族)を扶養していることが認められれば住宅ローン控除は受けられます。ただし、別生計の家族が残る場合に住宅ローン控除は受けられません。
  3. 家族全員で転勤した場合
    家族全員で転勤した場合は(全員で引っ越した場合)は、住宅ローン控除は受けられなくなります。(家屋を空き家にしても、賃貸にしても同じです)

ただし、2および3の場合も、再び居住した場合は、残存控除期間範囲内で住宅ローン控除の再適用が可能です。控除期間の延長はありません。

  • 一度も居住することなく転勤になった場合には住宅ローン控除は一切受けられませんのでご注意ください。
  • 税制については、都度改正される可能性があります。また、具体的な税制に関する手続き方法については税理士法上、楽天銀行からご案内いたしかねますので、住宅ローン控除についてはお近くの税務署にお問い合わせください。


楽天銀行 住宅ローンをご検討のかたはこちら

「3,000万借りるとしたら、月々の返済額は?」
「今の年収で借りられる金額を知りたい」
「借り換えした場合のメリットを知りたい」

月々の返済額はいくら?
住宅ローンシミュレーション計算

楽天銀行 住宅ローンお申込希望のかたはこちら

「新規借り入れを申し込みたい」
「他社からの借り換えを申し込みたい」
「フラット35の申込みに進みたい」

最短、翌日スピード回答!
住宅ローン新規お借り入れの事前審査お申込

資料請求はこちら

「パンフレットを自宅に送付してほしい」

「楽天銀行の住宅ローンの情報を、
印刷していつでも見られるようにしておきたい」

PDFデータでも提供中!
資料請求/ダウンロード(住宅ローン新規お借り入れ)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

  • アンケート&住宅ローン相談で最大5,100ポイントプレゼント

朝9時~夜10時まで
※年末年始以外、休日も

最短、翌日スピード回答!

マイページ

  • 金利手数料がお得!口座開設>>>
  • 住宅ローンに関する ご相談・お問い合わせ
  • 住宅ローンに関する疑問を解決 住宅ローンのピックアップFAQ
  • 事業者様専用 Q&A
  • 楽天銀行×ARUHI 通称【Type-R】楽天銀行住宅ローン(金利選択型)
  • 楽天証券口座開設プログラム 楽天証券の口座開設でもれなく現金1,000円
  • 主婦におすすめ楽天銀行のローン