ホーム > 住宅ローン > 住宅ローンのピックアップFAQ > 「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いは何ですか?


住宅ローンのピックアップFAQ

「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いは何ですか?

住宅ローンの返済方法には、主に「元利均等返済」と「元金均等返済」と2つの方法があります。

「元利均等返済」とは、毎月の約定返済額を元金と利息で調整し一定にする返済方式です。
毎月の返済額が一定のため、返済計画が立てやすくなります。また、元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくすることができます。ただし、デメリットとして、同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなります。借入残高の減り方が遅くなるのが特徴です。

「元金均等返済」とは、毎月の返済額のうち、元金部分を均等額とし、それに利息を合計して支払う返済方式です。返済が進むにつれて返済額は少なくなっていきます。元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済よりも総返済額は少なくなります。デメリットとしては、返済開始当初の返済額が元利均等返済に比べて多くなり、当初の返済負担が大きくなることがいえます。

総返済額の比較
お借入残高2,500万円、固定金利2%、返済期間が25年の場合

A「元利均等返済」 総返済額 31,788,933円 約定返済額:105,963円
B「元金均等返済」 総返済額 31,270,711円 約定返済額:124,999円(約定返済額:初回124,999円以降少しずつ返済額は少なくなり、最終回は83,572円となります。)

A-B=518,222円

総返済額はBの「元金均等返済」が約52万円ほどおトクですが、当初返済額は約2万円ほど負担が大きくなります。

  • 上記は単純な比較であり、実際の事例を示すものではありません。


楽天銀行 住宅ローンをご検討のかたはこちら

「3,000万借りるとしたら、月々の返済額は?」
「今の年収で借りられる金額を知りたい」
「借り換えした場合のメリットを知りたい」

月々の返済額はいくら?
住宅ローンシミュレーション計算

楽天銀行 住宅ローンお申込希望のかたはこちら

「新規借り入れを申し込みたい」
「他社からの借り換えを申し込みたい」
「フラット35の申込みに進みたい」

最短、翌日スピード回答!
住宅ローン新規お借り入れの事前審査お申込

資料請求はこちら

「パンフレットを自宅に送付してほしい」

「楽天銀行の住宅ローンの情報を、
印刷していつでも見られるようにしておきたい」

PDFデータでも提供中!
資料請求/ダウンロード(住宅ローン新規お借り入れ)